稲妻よ、聖なる星をめざせ! スコーリア戦史 ハヤカワ文庫SF

キャサリン・アサロ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150113056
ISBN 10 : 415011305X
フォーマット
出版社
発行年月
2000年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
543p;15

内容詳細

ロサンジェルスの下町で、少女ティナの前に現われた奇妙な男オルソー。なんとかれは、宇宙航行中の事故のため、はるか24世紀から現代アメリカに迷いこんできたスコーリア王国の王子だった。ティナはふとしたきっかけで、オルソーとともに陰謀渦巻く未来の宇宙へと旅立つことになる。よもや自分がスコーリアの命運を変える力を秘めているとも知らず…未来世界へ飛びこんだ少女の愛と冒険を描く『スコーリア戦史』第二弾。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Arte さん

    前作よりずっと面白かった。ロマンスシーンは相変わらずだけど、今回はもともと置かれていた生活状況が悪いわけで、機械人間と未来へ逃げるのも理解できる。ユーブが実際にどんなことするかもわかったし。しかし、あの裏切りおやじのやることは納得できるような。一般人にとっては支配者がユーブでも、共感能力がなければひどいことされないから構わない訳で、近親婚を繰り返してやっと数人いるようなローン系に頼って戦争をする必然性はないわな。

  • けるぴー さん

    様々な要素が組み合わさった恋愛SF。前作を読んでいることが前提となっていたり、女性作家らしい展開だったり、その割には説明的過ぎたりするのだけれど、基本的には超能力を持った主人公が異世界に引っ張りこまれて活躍する話で、冒険活劇物好きには読みやすい作品ではあるが、前述の欠点が強すぎて薦めにくい。前作よりもSFらしくなっているだけに残念。前作「飛翔せよ、閃光の虚空へ」を読んでSFハーレクインを楽しめたSFファンという狭き門を突破できたなら、それなりに楽しめるのではないだろうか。読めるのに、オススメしない一作。

  • dahak172291 さん

    ジャグ機萌えAI

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

キャサリン・アサロ

カリフォルニア州オークランド生まれ。UCLAで化学を専攻し、ハーヴァード大学で化学物理学博士号と物理学修士号を取得した。現在は、みずからが設立した民間の研究所モレキュダイン・リサーチを経営している。1995年に発表した処女長篇『飛翔せよ、閃光の虚空へ!』でたちまち人気作家となった

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品