BTSを読む なぜ世界を夢中にさせるのか

キム ヨンデ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784760152193
ISBN 10 : 4760152199
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
300p;19

内容詳細

韓国が生み、世界が育てたボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」。いまや世界各地に熱狂的なファン「ARMY」を持つ彼らの音楽と人気を論じる初の本格的BTS評論。
米韓で活躍する韓国人音楽評論家が、2018年までにBTSが発表した全楽曲を徹底レビュー。さらに全世界を巻き込んだ「BTS現象」を、韓国音楽界の重鎮や作曲家や文学評論家、ジャーナリスト、グラミー賞投票者など各界の専門家のインタビューを交えながら掘り下げる。


【著者プロフィール】
キム・ヨンデ 音楽評論家で文化研究者。韓国大衆音楽賞選定委員。ヨンセ大学経営学科を卒業した後アメリカワシントン大学音楽学博士課程修了。ソウルで生まれ、2007年からアメリカシアトルで住み、10年以上アメリカにおけるポップミュージックのマーケットとK-POPの動向を観察し研究している。現在〈ハンギョレ〉など韓国のメディアと、ニューヨークマガジン「vulture」や MTV等の外国メディアにも音楽評論を投稿し、2017年ユーチューブチャンネルを開設。BTSを始め多様なK-POPを分析・紹介する動画をアップロードしている。著書には 『90年代を飾った名盤50』『韓国ヒップホップ 熱情の足跡』(いずれも未邦訳)などがある。

【訳者プロフィール】
桑畑優香(くわはた ゆか)翻訳家、ライター。
早稲田大学第一文学部卒業。延世大学語学堂・ソウル大学政治学科で学ぶ。
「ニュースステーション」ディレクターを経てフリーに。
ドラマ・映画のレビューを中心に『韓国語学習ジャーナルhana』『韓流旋風』『現代ビジネス』『デイリー新潮』『AERA』『Yahoo! ニュース 個人』などに寄稿・翻訳。
訳書に『韓国映画俳優辞典』(ダイヤモンド社・共訳)、『花ばぁば』(ころから)、『今、何かを表そうとしている 10 人の日本と韓国の若手対談』『韓国映画100選』(クオン)など。


【目次】(予定)
◆プロローグ BTS現象の秘密を掘り起こすために

◆1部 ヒップホップアイドル BTS
コラム1 「KCON 2014」現場で見つけたBTS現象のカギ

レビュー1 『2 COOL 4 SKOOL』
レビュー2 『O!RUL8,2?』
レビュー3 『Skool Luv Affair』

コラム2 K−POPアイドルの進化

レビュー4 『DARK & WILD』
レビュー5 『RM』(RM)

インタビュー1 ヒップホップジャーナリスト キム・ボンヒョン:過小評価された「ラッパーBTS」

◆2部 K-POPの新しいモデル
コラム3 現地化戦略でないストーリーと正統性へ:BTSと「ARMY」が提示する K-POPの対案

レビュー6 『花様年華 Pt.1』
レビュー7 『花様年華 Pt.2』
レビュー8 『花様年華 Young Forever』

インタビュー2 作曲家ブラザー・スー:アイドルを超えてミュージシャンになる

レビュー9 ミックステープ『AGUST D』(AGUST D/SUGA)
レビュー10 2ndフルアルバム『WINGS』
レビュー11 『YOU NEVER WALK ALONE』

インタビュー3 文学評論家 シン・ヒョンチョル:青春の傷を癒す

◆3部 地上最高のK-POPグループBTS
コラム4 「ARMY」が導いた新しいK-POP談論:「BTS-POP」とK-POPファンダムの多層化

インタビュー4 韓国大衆音楽賞(KMA) 選定委員長 キム・チャンナム教授:韓国大衆音楽評壇から見るBTS現象

レビュー12 『LOVE YOURSELF 承’Her’』
レビュー13 『HOPE WORLD BY J-HOPE』
レビュー14 『LOVE YOURSELF 轉 VTearV』

コラム5 BTSは本当にアメリカで人気があるのか?:ビルボード・ミュージック・アワード2年連続受賞とBTSの「人気」

インタビュー5 ビルボードコラムニスト ジェフ・ベンジャミン: K-POP産業の新しい作動法

レビュー15 『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』
レビュー16『mono.』(RM)

コラム6 K−POPにおける「韓国の正統派」の存在とは
コラム7 ニューヨークの中心で韓国語の大合唱

インタビュー6 グラミー賞の韓国人投票者と語る

コラム8 グラミー賞ノミネートの裏側:K-POP最初のグラミー賞ノミネートの歴史的意味
コラム9 「世界最高のボーイバンド」の先へ

◆エピローグ 報道されないBTS現象のミッシングリンク
◆日本語版書下ろし 2019年とこれからのBTS

【著者紹介】
キム ヨンデ : 音楽評論家で文化研究者。韓国大衆音楽賞選定委員。延世大学経営学科卒業、アメリカ・ワシントン大学音楽学博士課程修了。ソウルで生まれ、2007年からアメリカ・シアトルに住み、10年以上アメリカにおけるポップミュージックのマーケットとK‐POPの動向を観察し、研究している。近年は『ハンギョレ新聞』など韓国メディアと、『New York Magazine‐Vulture』『MTV』などの外国メディアに音楽評論を寄稿し、2017年にYouTubeチャンネルを開設

桑畑優香 : 翻訳家、ライター。早稲田大学第一文学部卒業。延世大学語学堂・ソウル大学政治学科で学ぶ。「ニュースステーション」ディレクターを経てフリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アキ さん

    BTSはK-POPで2012年PSY「江南スタイル」以来、ビルボード入りだけではなく、グラミー賞にノミネートされるまでになる。この本では社会現象となるBTSのアメリカでの成功をあくまで楽曲の変遷と解説で辿る。背景にはファンダム「ARMY」の活躍や、ソーシャルメディアの普及などあるが、今までのアイドルと違い、自ら考え自分を表現したミュージシャンであり、歌詞にストーリーがあることだと述べている。2020年8月Dynamite・11月Life Goes Onを発表した。う〜ん、そこまでの良さはわからずに読了。

  • yoooko07 さん

    SNSでメンバーが見せる姿と、楽曲に込められた彼らの肉声は完全に一致していて、「つくられたニセ物」ではなかった(P97)彼らは、現代を生きる若者が普遍的にもつ感情を引きだし、まるでファンが自分を投影するスクリーンのようなナラティブをつくるのです。この物語の作り手と受け手は一心同体のように見えます(P165)BTSの音楽とパフォーマンスの普遍的な魅力には、若者と上の世代、異なる文化と人種、西洋の美学と韓国的な価値観、そして「自分」と「自分のなかのもうひとりの自分」を和解させる底力がある(P292)

  • あひる さん

    BTSって本当にすごいだね。はじめて知った。

  • 飲も飲も さん

    BTSが好きなので読んでみた。

  • TobiJun さん

    K-popシーンにおいて、どの年代、老若男女から受け入れられるBTS。彼らが「なぜ」世界中から認められるアーティストになったのか、この本1冊でまとめられてると思う。曲しか聴いてなかったBTSを、また違った目線で、同年代の人として魅力的に感じた。BTSめっちゃいいよ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

キム ヨンデ

音楽評論家で文化研究者。韓国大衆音楽賞選定委員。延世大学経営学科卒業、アメリカ・ワシントン大学音楽学博士課程修了。ソウルで生まれ、2007年からアメリカ・シアトルに住み、10年以上アメリカにおけるポップミュージックのマーケットとK‐POPの動向を観察し、研究している。近年は『ハンギョレ新聞』など韓国

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品