マージナル・オペレーション 2 アフタヌーンKC

キムラダイスケ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063879797
ISBN 10 : 4063879798
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
199p;19

内容詳細

ラノベやゲームを愛好するおたくな主人公・新田良太(通称アラタ)。専門学校卒業後おたく業界入りを目指すが挫折し、7年続けたニートの立場に耐えかね、30歳手前で一念発起。ネットで見つけた外資系軍事企業PMSCsの好条件に魅力を感じ出来心で就職した。軍事企業に就職したニートが、異国での訓練期間で垣間見た、この世界の現実とは? 人気の小説を原作に気鋭のイラストレーター・キムラダイスケが初めて挑む連載漫画!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • H29リオのカーニバル さん

    物語は次のフェーズへ。主人公アラタは、オフィスから現地発展途上国の現場指揮官の任を受け赴任します。目の当たりにしたのは使い捨てにされる少年兵たち。突きつけられる過酷な現実に苦しみます。ただ、子供たちの無邪気さだけはどこであっても変わりなく胸を打つものがあります。アラタに限らず、日本人そのものが世界にあって国内に引きこもってるニートなんじゃないか? なんてちょっと思いました。私も含めて日本人は垣間見える現実や世界状況にどれだけ耳を塞いでいるのでしょう? そして、いつまでモラトリアムが許されるのでしょう? 

  • exsoy さん

    会ってしまったらもう逃れられないし絶対顔が浮かぶと思う。少年兵は間違っている、とアラタもオマルも断定できるのは何故だろう。

  • 流言 さん

    『あのね…これを何ていうか知ってるわよ。日本では…サビ残って言うのよね?』世界のどこに行っても、残業はついて回る。そして、同じように人間同士の誠意も同じように存在する。今までは閉塞感が強かったが、アラタの裁量が増して仕事で外に出ることが増えたことや、ソフィが程よいコメディリリーフとして活躍してくれることで息が詰まるような印象は薄まった……とこう描いている中で急転直下の展開がまっているのは必然だったのだな、と改めて感じる。アラタが今仕事でいるのはどのあたりなんでしょうね。顔立ちからすると中東あたりかな?

  • カラシニコフ さん

    人体改造で耳ってああなるんか ★★★☆☆

  • ルシュエス さん

    ディスプレイ画面から現場へ。色々情報を得て点取りから死傷者を出さない戦術へ。ニートだったアラタが現実に向き合っていく感が何とも。今後が楽しみ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品