海賊黒パンと、プリンセスに魔女トロル、2ひきのエイリアンをめぐるぼうけん

ガース・ニクス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784072616406
ISBN 10 : 4072616400
フォーマット
出版社
発行年月
2008年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
原田勝 ,  
追加情報
:
22cm,191p

内容詳細

世にもおそろしい武器を持つ海賊黒パンと魔女トロルに戦いを挑むプリンセス、べちょべちょでねばねばのエイリアンたちと謎の海ヘビをめぐる、4つの素敵な冒険のお話。本の世界への扉をひらいてくれる1冊。

【著者紹介】
ガース・ニクス : 1963年オーストラリア、キャンベラ生まれ。キャンベラ大学卒業後、編集者となるが、その後、ヨーロッパ、中近東、アジアを放浪。マーケティング・コンサルタント、出版エージェントを経て、現在にいたる。『古王国記』シリーズ(主婦の友社)でファンタジー作家としての確固たる地位を獲得

原田勝 : 1957年生まれ。東京外国語大学卒業、埼玉県在住。英語圏のヤングアダルト小説を中心に翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ココユキ さん

    四つのお話。男の子とネズミたちの冒険、おてんばなお姫様の冒険、発明家で孤児だった男の子の話、賢い女の子と海ヘビのお話。どれも子供が主人公で、次男の興味を惹きそうだと思って選んだのだけれど、最後の一話しか面白くなかったよう。冒険というタイトルに、もう少し広がりを期待したのかもしれない。彼にとって冒険といったら、この一冊をまるまる使ってもあまりあるくらいの長さと波乱万丈を意味するものなので…。確かに、冒険というには全体的にこじんまりした印象でした。

  • onion さん

    発想がすごくおもしろくて、ワクワク感が伝わってきます。 ただ訳があまりこなれておらず、漢字も多く、文章が子どもには読みづらいかも。 訳文がもっとよければ100点だと思います。子どもが夢中になりそう。

  • まぁこ さん

    なんて長い題名!!そして、そのまんまの内容!!不思議な設定の4つのすてきな冒険ファンタジーです♪

  • 図書室 さん

    挿絵もかわいらしく、身近に起こりそうな冒険ものでイマジネーションが広がる作品だと思う。ぜひ子どもたちにすすめたい。

  • Nozomi Kawakami さん

    私は特に王女さまとトロールの話が好きでした!!王女さまの冒険したい気持ちも、夏休みに出掛けたい気持ちもよく分かる(о´∀`о)あと、王様と王妃様…怪物に飲み込まれた時の対処ってみんな知ってるのかな…?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ガース・ニクス

1963年オーストラリア・メルボルン生まれ。シドニー在住のSF・ファンタジイ作家。キャンベラ大学卒。書店経営者、編集者などを経て2001年から専業作家に

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品