Blu-ray Disc

機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート

ガンダム

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BCXA1470
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
音楽
:
制作スタジオ
:

内容詳細

『機動戦士ガンダム』40周年を記念して、「宇宙世紀ガンダム」作品がスペシャルプライスBlu-rayとなり登場!!

【特典】
■特典ディスク(Blu-ray)
<収録内容>
・「機動戦士ガンダム 光る命Chronicle U.C.」
宇宙世紀を描いたシリーズ全ての映像を、新作パートを交えながら作品の垣根を越えて再構成した映像特典
・ブックレットデジタルアーカイブ(※静止画)
2011年発売の「機動戦士ガンダム/第08MS小隊 ミラーズ・リポート」(BCXA-0302)封入特典の解説書をデジタルアーカイブで再収録!

【映像特典】
・宇宙世紀余話 全10話(日本語字幕版も付属)
・劇場予告編

【他、仕様】
・特製収納ケース
作品ごとに舞台となる宇宙世紀の年が入っている統一感のあるデザイン仕様です。


【スペック】
カラー/確 127分/本編ディスク:83分(本編51分+映像特典32分)+特典ディスク:44分
本編ディスク:リニアPCM(ドルビーサラウンド) ・一部リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G/4:3<1080p High Definition>・一部16:9<1080p High Definition>・一部4:3<1080i High Definition>/日本語・英語・中国語繁体字(台湾・香港)・中国語簡体字字幕付(ON・OFF可能)※本編のみ

特典ディスク:リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD25G/16:9<1080p High Definition>/日本語・英語・中国語繁体字(台湾・香港)・中国語簡体字字幕付(ON・OFF可能)

※特典内容・仕様などは変更する可能性もございます。あらかじめご了承ください。


君は敵を撃つことができるか?

【収録内容】
 宇宙世紀0079――。
 ジオン群の秘密兵器アプサラスと接触した08小隊は善戦するも捕獲に失敗。シローは飛び去るアプサラスと応戦中、消息を絶つ…。無事帰還したシローだったが、その間の行動を不信に思った軍は、情報部の女性士官アリス・ミラーに調査を指示。ミラーの巧妙な質問に敵であるアイナへの想いをシローは語り始め、遂には審問会にかけられる。上層部に対し「敵でも分かり合える人間はいる」と主張するが、「君は敵を撃つことができるか?」との高官の問いには答えることができなかった。
 その答えを見出すべくシローは、仲間であるゲリラの村に潜入した敵との戦いに出撃する…。


●1998年。全国47館で公開され、わずか2週間で15万人を動員した大ヒット作品。
●ニュープリント&ニューデジタルリマスター収録!!
●OVAシリーズ「機動戦士ガンダム/第08MS小隊」に初回版に収録されていた「宇宙世紀余話」(全10話/監督:アミノテツロー)を一挙収録!!
●日本語、英語、中国語(台湾、香港、簡体字)字幕を新たに実装!

劇場公開:1998年8月
劇場公開館数:47館


<スタッフ>
製作:吉井孝幸/原作:矢立 肇・富野由悠季/監督:加瀬充子・神田武幸・飯田馬之介/脚本:北嶋博明/オリジナルシリーズ構成:桶谷 顕/キャラクターデザイン:川元利浩/メカニカルデザイン:大河原邦男・カトキハジメ・山根公利/作画監督:門 智昭・杉浦幸次・横山彰利・吉田 徹・津野田勝敏/美術監督:池田繁美/色彩設計:千葉賢二/撮影監督:谷口久美子/編集:鶴渕友彰/音楽:田中公平/音響監督:浦上靖夫/主題歌「永遠の扉」(作詞:渡辺なつみ/作曲:見良津武雄)/歌:米倉千尋(キングレコード)/企画・制作:サンライズ/製作協力:バンダイビジュアル 他

<キャスト>
シロー:檜山修之/アイナ:井上喜久子/ミケル:結城比呂(現:優希比呂)/カレン:小山茉美/サンダースJr.:玄田哲章/エレドア:藤原啓治/コジマ:藤本 護/ミラー:高島雅羅 他


(C)創通・サンライズ

『機動戦士ガンダム』とほぼ同時期を描いた外伝的OVA『機動戦士ガンダム/第08MS小隊』の劇場版。女性士官アリス・ミラーが、失踪から帰還したシローを調査することに。そして彼の思いが明らかになり……。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

アニメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド