赤い宇宙の対決

カール・H・シェール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150102708
ISBN 10 : 4150102708
フォーマット
出版社
発行年月
1977年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
264p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 洪七公 さん

    既読本

  • ミド さん

    衛生機能が故障した宇宙服は地獄。球生物ハルノ再び。

  • 鐵太郎 さん

    ペリー・ローダン百科は、水星、金星、火星、木星に関する、ローダン世界ではない普通の説明。Wikiによると、1965年にレーダー観測によって水星は太陽の周囲を2回公転する間に3回自転する事が確認されたのですが、にもかかわらずここではその前の認識、つまり永遠に片面を太陽に向けて公転する惑星としています。さぁ、これは誰のミスだろう?(笑) 訳者あとがき は、ネタがないとぼやきつつ、最近サイクリングを始めたと書いています。一日百キロ走るのがいいのだそうな。これを書いた時点で松谷さん、49歳ですぜ。いやはや。

  • とうくぼやかや さん

    ドルーフの母星ドルーフォンへの進出とドルーフとのコンタクト。漁夫の利を得る作戦に成功の兆しはあるのか?ハルノが仲間になった。謎の寄生体オノトの正体とは?アトラン視点になるとローダンが暴君めいて見えるな。

  • hirabat さん

    今回のローダン百科「水星」「金星」「火星」「木星」以上!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品