キリスト教倫理学総説 1‐1

カール・バルト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784400302674
ISBN 10 : 4400302679
フォーマット
出版社
発行年月
2000年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,213,4p

内容詳細

神の誡めへの服従の中で、教会と宣教に奉仕する神学倫理の全体像を開示。バルトが天才的閃きを発揮しながら成熟と発展深化を遂げて行く、その地平を広く展望した強健な神学的思索の跡。

目次 : 序論(倫理学と教義学/ 神学的倫理学と哲学的倫理学/ 神学的倫理学の道)/ 1章 神の誡めの現実(誡めの啓示/ 神の誡めとしての誡め/ 神の裁きとしての神の誡め)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カール・バルト

1886‐1968。スイスのプロテスタント神学者。無名の牧師時代に著した『ローマ書』(第一版1919年、第二版1922年)が当時の思想界に衝撃を与え、弁証法神学の中心的存在となる。ドイツの大学神学部(ゲッティンゲン、ミュンスター、ボン)に招かれて教授となるが、ナチズムと対立して講壇を追われた(その後

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品