カール・ハインリヒ・マルクス

人物・団体ページへ

資本論 経済学批判 第1巻 1 日経BPクラシックス

カール・ハインリヒ・マルクス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784822248789
ISBN 10 : 482224878X
フォーマット
出版社
発行年月
2011年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
451p;20

内容詳細

マルクス「資本論」第1巻のフリードリヒ・エンゲルスの校閲・編集した第4版の翻訳。本書では、第1篇「商品と貨幣」、第2篇「貨幣の資本への変容」を収録。世界を変えたい若者の必読書。

【著者紹介】
カールマルクス : 1818〜1883。ドイツ生まれの思想家、共産主義運動の理論的指導者。ユダヤ教からプロテスタントに改宗した弁護士の父を持ち、自身も洗礼を受けた。ボン大学、ベルリン大学、イエナ大学で学ぶ。学位請求論文は『デモクリトスとエピクロスの自然哲学の差異』。ヘーゲル左派として出発。ケルンで創刊された「ライン新聞」主筆を務め、終生の盟友フリードリヒ・エンゲルスと出会う。ブリュッセルで共産主義者同盟に加わり、48年、同盟の綱領として起草された『共産党宣言』を出版

中山元 : 思想家・翻訳者。1949年生まれ。東京大学教養学部中退。インターネットの哲学サイト「ポリロゴス」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Ikkoku-Kan Is Forever..!! さん

    ロバート・ハイルブローナーが、マルクスに関する最適な入門書は『資本論』だと言うので、取り敢えず一番読みやすいであろう中山元訳で読む。随分前にデヴィット・ハ-ヴェイを読んでいた事も手伝ってか、なにコレすごく面白い。デカルトの『省察』を推理小説の傑作と言った人がいたけれど、まるでスリリングな劇の脚本を読んでいるよう。『資本論』第一巻を四幕構成(分冊)で演じる本作品。第一幕の主題は「モノの価値とは何か?」。主役が「商品」から「貨幣」へとまさかの交代(「W‐G‐W」→「G‐W‐G’」)を遂げたところで幕が閉じる。

  • タカオ さん

    一番読みやすそうな資本論ということで、本書を購入。正直な話、難解な言い回しでよくわからない箇所も多々あったが、『高校生からわかる「資本論」』で大枠をつかんでいたということもあり、それなりには読めたのではないかと思う。さて、この本は『資本論』第1巻の、4分冊のうちの1冊目。まだあと3冊残っている。読み進めるのに根気のいる分量だが、有名な古典なので、できることなら読み切ってみたい。

  • なかし さん

    プロレタリアートですし、読んでおきました。

  • ぐっさん さん

    入門書を読んでからだったので難なく読めた。何も知らないと難しそうに思うかもしれないが、そこまで難しくないし、現在でも使える思想も多くあるのでおすすめ!

  • Manna Yoshimoto さん

    翻訳が平易で初心者でも読みやすいと感じました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カール・ハインリヒ・マルクス

1818年5月5日‐1883年3月14日。現在のドイツ、トリーアの地において、ユダヤ教ラビの家系に生まれる。経済学者、哲学者、ジャーナリストにして、革命家。19世紀から20世紀において、最も影響力があった思想家の一人。21世紀の今日でもその思想の有効性が語られている。青年時代から哲学を専攻、ヘーゲル

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品