カール・ハイアセン

人物・団体ページへ

幸運は誰に? 下 扶桑社ミステリー

カール・ハイアセン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594050795
ISBN 10 : 4594050794
フォーマット
出版社
発行年月
2005年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,416p

内容詳細

やる気のない新聞記者トムが、当たりくじの取材にやってきた。もちろんジョレインのほうはお呼びじゃない。そこへ例の2人組が登場、よせばいいのに、ジョレインの当たりくじを力ずくで奪おうと挑戦。ただ殴られるようなジョレインではなかったが…突如はじまる超高額宝くじ追跡劇に、ふりふりの巨乳ウェイトレス、ミュージカル『羊たちの沈黙』の主演女優、犯罪界の大立者に、聖なるカメまでからんで大混乱!異能のベストセラー作家が贈る、当意即妙抱腹絶倒感動必至の傑作。

【著者紹介】
カール ハイアセン : 1953年、フロリダ州マイアミ生まれ。“マイアミ・ヘラルド”の記者を経て作家になる。新聞記者時代の同僚モンタルバーノと合作で3冊の長編を著し、その後は単独で作品を発表、ベストセラー作家となる。最近では、初のジュヴナイル『ホー』が世界的にヒットした

田口俊樹 : 早稲田大学文学部英文科卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けいちゃっぷ さん

    下巻でも色々とありましたが、着地点が見えているだけにこの長さはつらい。 せめてキャラクターに萌えられればもっと面白く読めたかも。 416ページ

  • こみっく さん

    ドタバタ度やや控えめ?で主人公のカップルに好感持てたので面白く読めた。今までの中でこれが一番好きかも。だけどちょっと食傷気味。未読作は忘れた頃にまた...

  • tai65 さん

    星3つ

  • カオシュン さん

    相変わらずナスティな登場人物たちの言動にクスクス笑ってしまう。オフビートな作品って好き\(//∇//)\

  • 西村章 さん

     登場人物のすべてがどこか常軌を逸していて、その壊れた存在たちがそれぞれ自分なりの正義で〈論理的に〉行動すると、話は自然に暴走の一途をたどるという、いつものハイアセン節。そのドタバタの背後にうっすらとにじませる著者の正義感も好ましく、それもハイアセンの小説が痛快で面白い大きな要因なのではないかと。  それにしても、こういうヘンな話を書く人って、他には戸梶圭太くらいしか思いつかないな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品