ブルバキ・クローン作戦

カール・ジェラッシ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061542594
ISBN 10 : 4061542591
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
366p;20

内容詳細

高名な数学者ニコラス・ブルバキは実は1人ではなかった。その事実を知ったときから、この計画が始まった…。「ジュラシック・パーク」の大前提技術PCRを題材に新技術の誕生、研究者のエゴ、名声欲を描く。

【著者紹介】
カール・ジェラッシ : 1923年オーストリア、ウィーンに生まれる。現在カリフォルニア州パロ・アルト在住。経口避妊薬ピルの生みの親として知られる。米国スタンフォード大学化学科教授として数々の功績を上げるかたわら、作家、詩人としても活躍。また美術収集家、アーティストの擁護問題活動家としても知られている。1973年度ナショナル・メダル・オブ・サイエンス(世界初のステロイド経口避妊薬の合成)、1991年度ナショナル・メダル・オブ・テクノロジー(害虫駆除・制限の研究)、1992年度プリーストリー賞(米国化学界でもっとも権威のある賞)を受賞

中西亮爾 : 1955年愛知県名古屋市生まれ。中学2年の時に家族と共にニューヨークへ移住。コロンビア大学で建築を学んだ後、パーソンズ・スクール・オブ・デザイン写真/グラフィック・デザイン(Communication Design)科を卒業。デザイナー、コピーライターとして広告代理店に入社。1994年より翻訳・コピーライター業に専念。1995年、翻訳会社TQByT,Inc.を設立。在ニューヨーク(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カール・ジェラッシ

1923年オーストリア、ウィーンに生まれる。現在カリフォルニア州パロ・アルト在住。経口避妊薬ピルの生みの親として知られる。米国スタンフォード大学化学科教授として数々の功績を上げるかたわら、作家、詩人としても活躍。また美術収集家、アーティストの擁護問題活動家としても知られている。1973年度ナショナル

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品