カーラ・L・スワンソン

人物・団体ページへ

目印はフォーク! カーラの脳損傷リハビリ日記

カーラ・L・スワンソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784902244892
ISBN 10 : 4902244896
フォーマット
発行年月
2008年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,270p

内容詳細

交通事故から無事生還。と思ったら、頼んだ覚えのないピザが届く…。笑った後にちょっとジンとくる。「片づけられない女たち」のニキ・リンコが訳す、高次脳機能障害者の可笑しいけれど、悲しい真実の物語。

【著者紹介】
カーラ・L・スワンソン : 1996年1月、赤信号を無視して飛び込んできた車のために、アメリカで毎年200万人ずつ増え続ける脳損傷に悩む人たちの仲間入りをすることになる。その後、自身の高次脳機能障害者としての日常生活の悩みとリハビリに取り組む経験をユーモアをまじえて執筆した『目印はフォーク!―カーラの脳損傷リハビリ日記』を出版、好評を得る。大のスポーツ好き。ミシガン州デトロイト在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あずき さん

    どんな人にも起こりうる脳損傷。見た目が大怪我をしているわけでもないのに、驚くほど様々なことができなくなる。自分の幸運を噛み締めるとともに、多様な人への想像力を持ちたいと感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カーラ・L・スワンソン

1996年1月、赤信号を無視して飛び込んできた車のために、アメリカで毎年200万人ずつ増え続ける脳損傷に悩む人たちの仲間入りをすることになる。その後、自身の高次脳機能障害者としての日常生活の悩みとリハビリに取り組む経験をユーモアをまじえて執筆した『目印はフォーク!―カーラの脳損傷リハビリ日記』を出版

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品