カート ヴォネガット

人物・団体ページへ

追憶のハルマゲドン

カート ヴォネガット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152089472
ISBN 10 : 4152089474
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,302p

内容詳細

悪魔退治を科学的に行おうとする博士の奮闘をユーモラスに描く表題作、死の直前に書き上げていたスピーチ原稿、ドレスデン大空襲の体験を語ったエッセイ、短篇などを、自筆イラストとともに収録した最後の作品集。

【著者紹介】
浅倉久志 : 1930年生、1950年大阪外国語大学卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サトシ@練習不足だなあ さん

    ドレスデンの空襲に関して、これほどのものだとは全く知らなかった。東京大空襲もしかり。

  • chanvesa さん

    マークの「はじめに」が感動的。2007.4.27のスピーチはどう受け取られたのだろうか?ヴォネガットのファンは喜んだと思うけど、何にも知らない人は戸惑う内容だと思う。仮にヴォネガットがスピーチしたとしても、反応に困った聴衆を前に彼はどう思うのだろうか。この本の小説には、しばしば略奪がテーマとして出てくる。生き延びるために倫理的にダメとわかっていてもせざるを得ないという状況。それは「明るくいこう」のルイスから、「略奪品」のポールまで。ドレスデンの空爆と対比ではなく、そのレンジそのものが「戦争」なのだろう。

  • R さん

    ユーモアのきいた皮肉を読ませる珠玉の短編集でした。遺稿を集めたものなので、破天荒なスピーチ原稿なんかも混ざっていて、どれもこれも、切れ味鋭く、嫌いなものを批判しきっていて小気味の良い内容でした。自身の経験からくる、二次大戦中の捕虜という立場の小説は目を開くようなものがあり、勝者の醜さ、敗者の哀れ、それを少し離れてみることができる立ち位置が魅力的な語り口でした。戦争が嫌いという、強烈なメッセージを笑いにのせて伝えられて、気づくとじっと考えさせられてしまう力を感じました。

  • Bibibi さん

    さすがカウンターカルチャーの親分にして、皮肉屋。ドレスデンの大殺戮は、めちゃくちゃリアルで怒りと悲しみが伝わってきた。淡々とした文章なのに...

  • やまさ さん

    ヴォネガットの作品の根底に流れる、せつないあたたかさのようなものを感じた。 「どこから小説のアイデアを得るのか? その質問はベートーヴェンにすればいい 彼はドイツでほかのみんなのように のらくら暮らしていたが とつぜん体のなかから あるものが湧きだした それは音楽だった わたしもインディアナ州で ほかのみんなのように のらくら暮らしていたが とつぜん体のなかから あるものが湧きだした それは文明への嫌悪だった」p.294

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カート ヴォネガット

1922年11月11日、インディアナ州インディアナポリスに生まれる。コーネル大学生化学科へ進み、学内紙“コーネル・デイリー・サン”の編集に携わる。1942年、軍隊に召集。バルジの戦いにてドイツ軍の捕虜となり、ドレスデン爆撃を体験する。この体験がのちの人生に大きな影響を与えることとなる。終戦後、ゼネラ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品