カレン マリー モニング

人物・団体ページへ

ハイランドの戦士に別れを ヴィレッジブックス

カレン マリー モニング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863328259
ISBN 10 : 4863328257
フォーマット
発行年月
2006年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,490p

内容詳細

16世紀のスコットランド。名高い戦士グリムのもとに一通の手紙が届いた。差出人は彼が少年の頃に世話になった領主で、愛娘ジリアンのために帰ってきてほしいと書かれている。かつて相思相愛の仲だったジリアンをグリムが忘れたことはなかった。彼女の住む領地に戻ってみると、ほかに二人の男が招かれていた。彼ら三人はジリアンの花婿候補として呼ばれたのだった。だが、いくらジリアンを愛していても、グリムには絶対に結婚できない理由があった。それは、彼の正体が伝説の狂戦士ベルセルクであり、戦いのときには身も心も獣と化してしまうから…。ベストセラー『ハイランドの霧に抱かれて』につづくヒストリカル・ロマンスの熱い新風。

【著者紹介】
カレン マリー モニング : 1964年、オハイオ州シンシナティに生まれる。インディアナ州のパデュー大学卒。デビュー作は『ハイランドの霧に抱かれて』(ヴィレッジブックス)

上條ひろみ : 神奈川県生まれ。慶応義塾大学文学部卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • をり さん

    前作でお星様に願い事をする乙女な彼だと思ったが、今回はなかなかの残念君に昇華してた。だめでしょ、初めてとはいえ家具壊したら。笑 自分の中に獣が住まっているのがバレたらヒロインから捨てられるとヤキモキしたり、彼女と一緒になることはできないっつって逃亡したり、やはり乙女なヒーローなのでした。

  • リリ さん

    前作と比べるとコメディ色・テンポともに劣って、ちょっと退屈。活発なヒロインと堅物のヒーローのキャラクターはよかったんだけど。あまり物語に強弱がないわりに話が長かった。この作家さんは好きなので次読む本に期待!

  • 青海 さん

    異世界トリップが好きで読み始めた第1作も良かったけど、こっちの物語も面白かった!全てにおいて悲観的なグリムが少しずつ無邪気な頃の彼に戻っていく様に癒された。ジリアンの序盤のおてんば娘から大人へと変化していくのもいいです。

  • まみ子 さん

    ヒーローの自制心にあっぱれ。

  • 山内 さん

    前作でグリムが気になったので。とにかくじれったいが、ようやく想いが通じあったときには良かったねえとおせっかいな近所の人みたいな感想が出る。故郷に戻ったグリムの混乱が丁寧に描写されていたのには好感がもてた。それにしても出番は少しなのに伯父さんめっちゃかっこいいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カレン マリー モニング

1964年、オハイオ州シンシナティに生まれる。インディアナ州のパデュー大学卒。ハイランダー・シリーズによってベストセラー作家の地位を築いた

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品