狼少女たちの聖ルーシー寮

カレン・ラッセル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309206547
ISBN 10 : 4309206549
フォーマット
出版社
発行年月
2014年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
316p;20

内容詳細

制服を着せられた狼少女たち。ワニとレスリングする少女。雪の宮殿を守るイエティ婦人。ミノタウロスは西部を目指し、海賊の子孫は雪山で歌う…摩訶不思議で奇妙、孤独で可笑しい10の物語。

【著者紹介】
カレン・ラッセル : 1981年フロリダ州マイアミ生まれ。23歳で『ニューヨーカー』にてデビュー。卓越した想像力と独特の世界観が絶賛される。2006年刊行の『狼少女たちの聖ルーシー寮』で、米国書協会の「35歳以下の注目すべき作家5人」、『ニューヨーカー』の「25歳以下の注目すべき作家25人」に選ばれる。2010年に発表した初の長篇『スワンプランディア!』(左右社)は、2012年のピュリッツァー賞フィクション部門にノミネート、スティーブン・キングが選ぶ「2010年小説ベスト10」に選出された

松田青子 : 1979年兵庫県生まれ。作家、翻訳家。同志社大学文学部英文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mocha さん

    ホラーというよりは幻想文学。愛情に飢えた子ども達は、孤独と不安の中で悪夢を見る。いろんなものを失くして大人になっていく姿を、表題作『狼少女たちの〜』はわかりやすく描いていると思う。人間へと矯正される施設で、狼らしさが徐々に失われる様子は痛々しい。ミノタウロスにイエティ、SF風のもの、おかしみを感じるものなど、おもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさだが、後味は苦い。

  • Koichiro Minematsu さん

    松田青子氏の和訳ということで読み始めたが、カレン・ラッセルの世界観に、オジサンの頭は対応できないでいる。ぼんやりと感じるのは、人の未完成、未発達のなかにある定まらない揺れを表現しているのか? 10編の物語を咀嚼するにはまだ時間が必要のよう。ダークでもない明るい奇抜さ。オジサンは頭が柔らかくないようだ。

  • まつこ さん

    子供部屋でおもちゃ箱をひっくり返して、さらにその上からクレヨンでいたずら書きしたような短編集。それでいて話ごとに独自のルールがみえる。タイトルも秀逸で毎日どんな話か楽しみで読み進めました。ただ気を許すと読むのが難しいので、最初に訳者あとがきのあらすじを読んでもいいかもしれません。好きなのは『夢見障害者のためのZ・Z睡眠矯正キャンプ』『星座観察者の夏休みの犯罪記録』『オリビア探し』『イエティ婦人と人工雪の宮殿』『貝殻の街』。子供たちの危うさが苦い味して旨みを感じた。

  • かわうそ さん

    幻想が日常の延長であったりそうでなかったりする世界で少年少女が痛みや諦めを知る物語が唐突に宙に放り出されるかのような形で結末を迎える様子は現実のとらえどころのなさを現しているようだなあとか思ったり思わなかったり。

  • Anemone さん

    ティーンエイジャーもしくはエルダーが主人公の10話の幻想譚。落ち着いた環境で集中して読み進まないと入り込むのに時間を要する世界観ながら、好みの感じ。訳者あとがきに「言葉のリズムと響きが重要な働きを担う彼女の世界観」とあり、原語で読むと諸々しっくりくるのだろうなあと。いつか原語でも読んでみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品