カレル・チャペック

人物・団体ページへ

カレル・チャペックの新聞讃歌

カレル・チャペック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784791761739
ISBN 10 : 4791761731
フォーマット
出版社
発行年月
2005年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,170p

内容詳細

チャペック流のユーモアと機知に満ち満ちているエッセイ&論文を収録。「新聞讃歌」や「シャーロック・ホームズ学、または探偵小説について」など全8編から、チャペックの別の面を発見できる。

【著者紹介】
カレル・チャペック : チェコの国民的作家(1890‐1938)。プラハのカレル大学などに学ぶ。1921年、リドヴェー・ノヴィニ(民衆新聞)社に入社し、ジャーナリストとして活躍する。画家である兄ヨゼフとともに、戯曲や童話などにおいても多くの優れた作品を残した

田才益夫 : 演出家・翻訳家。1933年生まれ。九州大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • rz さん

    当時の文学のサブジャンル論集「マルシアス」の抄訳+α。新聞の話題はほぼ表題作のみ。

  • ローマの平日 さん

    電車の中で読んだ。あー、かゆいところきっちり言葉でかいちゃうんだーと思った。眠くなるなーと思ったら、急にとてつもなくおかしくなってきたり、まじめに読んでしまったり。不思議な作家さんだなー。でも、大概の人のことをいいおおせているんじゃないかと思うし、そこんところが哲学的でもあるんだよー。もはや何が言いたいのか、ドツボに入ってしまう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カレル・チャペック

1890‐1938。チェコの国民的作家にして国際的にも熱烈な愛読者を持つ。ジャーナリストとしての活動と同時に、「ロボット」「山椒魚戦争」「園芸家12ヵ月」等の代表作のほか、童話や戯曲も執筆

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品