カルロ・ロヴェッリ

人物・団体ページへ

すごい物理学講義 河出文庫

カルロ・ロヴェッリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467054
ISBN 10 : 4309467059
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
384p;15

内容詳細

わたしたちは、こんな驚きの世界に生きている! これほどわかりやすく、これほど感動的に物理のたどった道と最前線をあらわした本はなかった! 最新物理のループ量子重力理論まで。

【目次】
はじめに−−海辺を歩きながら

第1部 起 源
 第1章 粒−−古代ギリシアの偉大な発見
   物はどこまで分けられるのか?  事物の本質−−世界は原子からできている
 第2章 古 典−−ニュートンとファラデー
   アイザックと小さな月−−宇宙を支配する重力  マイケル−−場と光−−電磁気力の発見

第2部 革命の始まり
 第3章 アルベルト−−曲がる時空間
   拡張された現在  もっとも美しい理論−−一般相対性理論の魔法
   アインシュタインと数学の厄介な関係  詩と科学の宇宙像
 第4章 量 子−−複雑怪奇な現実の幕開け
   ふたたび、アルベルト  ニールス、ヴェルナー、ポール−−量子力学の養父たち
   場と粒子は同じもの  量子1 情報は有限である  量子2 不確定性
   量子3 現実とは関係である  ほんとうに、納得しましたか?

第3部 量子的な空間と相対的な時間
 第5章 時空間は量子的である
   マトヴェイ−−最小の長さの発見  ジョン−−確率の雲  ループの最初の歩み
 第6章 空間の量子
   体積と面積のスペクトル  空間の原子  スピンの網−−空間の量子の状態
 第7章 時間は存在しない
   時間はわたしたちが考えているようには流れない
   脈拍と燭台−−ガリレオの時間  時空間の握り鮨  スピンの泡−−量子の時空間構造
   素粒子の標準模型  世界は何からできているのか?

第4部 空間と時間を越えて
 第8章 ビッグバンの先にあるもの
   「先生」−−アインシュタインとローマ教皇の過ち  量子宇宙論
 第9章 実験による裏づけとは?
   自然が語りかけていること  量子重力理論につながる窓
 第10章 ブラックホールの熱
 第11章 無限の終わり
 第12章 情 報−−熱、時間、関係の網
   熱の時間  現実と情報
 第13章 神 秘−−不確かだが最良の答え

  訳者あとがき/文庫版訳者あとがき/参考文献/原 注


著者
カルロ・ロヴェッリ (ロヴェッリ,カルロ)
1956年、イタリア生まれ。ボローニャ大学で物理学を専攻、ローマ大学、イェール大学などを経てエクス=マルセイユ大学理論物理学研究室。専門はループ量子重力理論。2014年、本書でガリレオ文学賞受賞。

竹内 薫 (タケウチ カオル)
東京生まれ。東京大学理学部物理学科、マギル大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。長年、サイエンス作家として科学の面白さを伝え続ける。NHK「サイエンスZERO」の司会などテレビでもお馴染み。

栗原 俊秀 (クリハラ トシヒデ)
1983年生まれ。翻訳家。京都大学総合人間学部、同大学院人間・環境学研究科を経て、カラブリア大学文学部専門課程近代文献学コース卒業。アバーテ『偉大なる時のモザイク』で第2回須賀敦子翻訳賞を受賞。

【著者紹介】
カルロ・ロヴェッリ : 1956年、イタリアのヴェローナ生まれ。ボローニャ大学で物理学を専攻、パドヴァ大学大学院へ進む。その後、ローマ大学、イェール大学、トレント大学などを経て、ピッツバーグ大学で教鞭をとる。現在は、エクス=マルセイユ大学の理論物理学研究室で、量子重力理論の研究チームを率いる。専門は「ループ量子重力理論」で、世界の第一人者

竹内薫 : 東京大学理学部物理学科、マギル大学大学院博士課程修了。NHK番組「サイエンスZERO」など、サイエンス作家として科学の面白さを伝え続ける

栗原俊秀 : 翻訳家。京都大学総合人間学部、同大学院人間・環境学研究科修士課程を経て、イタリアに留学。カラブリア大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みあ さん

    私達は誰もが科学の恩恵を受けて生きている。ガリレオやニュートン、科学史に残る天才達の中でも一際偉大なのはアインシュタインではないだろうか?彼の相対性理論は時間と空間に対する認識を一新させた。そしてもう一人の天才が現れた。ポール・ディラックである。彼の量子学理論は相対性理論と匹敵する大発見である。しかし、この二つの理論は両立しない。それもどちらかが間違っているのではなく、両方正しいけれども大きな矛盾が存在するのである。著者はループ量子重力理論の第一人者であり、情報の重大性を訴える。科学の美しさが胸を打つ。

  • trazom さん

    この本は、私には三つの価値があった。第一は、量子論に到るまでに人類が辿った知の歴史の認識。その原点にデモクリトスの原子論を置いているのが極めてユニーク。ディラック、ブロンスタイン、ルメートルらの人柄が分かるエピソードも面白い。第二は、著者の専攻であるループ量子重力理論の解説。超ひも理論との比較など、もう少し深く知りたかった思いは残るが…。第三は、情報、熱、時間、無限などに対する物理学的な意味の再認識。それらを「量子的に理解するとはどういうことか」が、よくわかる。知的な刺激に満ちたとてもいい本だと思う。

  • 神太郎 さん

    久々にエキサイティング。しかし、結構ゆっくり読んだ。紀元前には原子の存在に気付いていたらしい所から基礎物理学の変遷→現代物理学に至る科学史を描き、最新のループ量子重力理論というなんじゃそりゃなものまでを紹介し、最新の物理が導く世界の姿が明らかに。これが100%正しいというのではなく、今のところはという辺り信頼がおけるし、物理の話なのに文学や哲学など文系のジャンルにも話を広げるところに作者の知識もそうだが学問は手段が違うのみで本来的に求めるところは同じ目的であることを示してくれる。

  • つっちー さん

    相対性理論と量子力学というワードは、SF好きにはワクワクするワードで、その理由だけで手に取った本。 序盤は、古典物理学から相対性理論までを、結構ざっくりと解説した印象でした。 こういった系統の書籍の難しさは、数学的な証明を突き詰めて説明しても、一般的な読者層には理解できず、概念の解説にとどめても、その概念がイメージしにくいというジレンマがあると思います。 私の読解力の問題もあるのでしょうが、この本でも、その点ではうまくいっていなくて、正直、消化不良です。 またいつか、再チャレンジしてみようとは思います。

  • 樋口佳之 さん

    世界を構成するもの全ては関連の中で湧出するものであり、かつ湧出する現象には最小の単位が厳然としてあるのだという事でしょう。そこを忘れると無限の迷宮に落ち込むのだという事。哲学芸術物理学を横断して語られる大変刺激的な内容でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カルロ・ロヴェッリ

1956年、イタリアのヴェローナ生まれ。ボローニャ大学で物理学を専攻、パドヴァ大学大学院へ進む。その後、ローマ大学、イェール大学、トレント大学などを経て、ピッツバーグ大学で教鞭をとる。現在は、エクス=マルセイユ大学の理論物理学研究室で、量子重力理論の研究チームを率いる。専門は「ループ量子重力理論」で

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月19日 (火) 00:00
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品