CD 輸入盤

交響曲第1番、第2番 バケルス&マレーシア・フィル

カリンニコフ (1866-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BIS1155
組み枚数
:
1
レーベル
:
Bis
:
Sweden
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

人気のカリンニコフ、ついにBIS登場。期待の爆演

尽きせぬ絶美のメロディと、不思議なボルテージの高さで昨今人気のカリンニコフの交響曲第1番、ついにBIS初登場です。オケは何とマレーシア・フィル。この曲にぴったりの爆演を聴かせてくれます。牧歌的な第2番も美演で、対照的な味を出しています。リムスキー=コルサコフ作品集で解釈の光ったバケルスの指揮が冴えます。(キングインターナショナル)

【収録情報】
カリンニコフ:
・交響曲第1番ト短調
・交響曲第2番イ長調

 マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団
 ケース・バケルス(指揮)

 録音時期:2000年12月
 録音場所:クアラルンプール、デワン・フィルハーモニック・ペトロナス・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

  • 01. Symphony No. 1 in G minor: 1. Allegro Moderato
  • 02. Symphony No. 1 in G minor: 2. Andante Commodamente
  • 03. Symphony No. 1 in G minor: 3. Scherzo. Allegro Non Troppo - Moderato Assai
  • 04. Symphony No. 1 in G minor: 4. Finale. Allegro Moderato - Allegro Risoluto
  • 05. Symphony No. 2 in a Major: 1. Moderato - Allegro Non Troppo
  • 06. Symphony No. 2 in a Major: 2. Andante Cantabile
  • 07. Symphony No. 2 in a Major: 3. Allegro Scherzando
  • 08. Symphony No. 2 in a Major: 4. Andante Cantabile - Allegro Vivo

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ローカル色というか味わいは薄いかもしれな...

投稿日:2019/12/02 (月)

ローカル色というか味わいは薄いかもしれないが(交響曲第1番の第3、4楽章は派手でなかなか楽しい。)クセもなく、好き嫌いの出ない、きっちりとした正統派の演奏だ。 マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団は演奏能力も高く、とても美しい音を出している。細部まで手を抜いていないので発見も多かった。 特に交響曲第2番の第4楽章のフィナーレにオーケストラの技術の高さを感じた。 カリンニコフの交響曲はMELODIYAはもちろん、NAXOS、BIS、CHANDOS、EXTONといったレコード会社から発売されているが、まだDGやDECCA、EMI、SONY、WARNERなどからは発売されていない。 DGの録音でユーリ・テミルカーノフの指揮、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団の演奏で聴いてみたい。(テミルカーノフのレパートリーには入っていないかもしれないが。) その他キリル・ペトレンコ指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏も期待できそうだ。 そしてウラディーミル・フェドセーエフ指揮、チャイコフスキイ記念交響楽団でも聴いてみたい。レコード会社はPONYCANYONだろうか。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品