CD 輸入盤

交響曲第1番、第2番 ネーメ・ヤルヴィ&スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

カリンニコフ (1866-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHAN9546
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

カリンニコフ:交響曲第1番、第2番
ネーメ・ヤルヴィ&スコティッシュ・ナショナル管弦楽団


【収録情報】
カリンニコフ:
● 交響曲第1番ト短調
● 交響曲第2番イ長調

 ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団
 ネーメ・ヤルヴィ(指揮)

 録音時期:1987年4月14-17日(第1番)、 1989年8月20-22日(第2番)
 録音場所:グラスゴー、ヘンリー・ウッド・ホール(第1番) ダンディ、ケアード・ホール(第2番)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. Allegro Moderato
  • 02. Andante Commodamente
  • 03. Scherzo. Allegro Non Troppo
  • 04. Finale. Allegro Moderato
  • 05. Moderato. Allegro Non Troppo
  • 06. Andante Cantabile
  • 07. Allegro Scherzando
  • 08. Andante Cantabile. Allegro Vivo

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
カリニコフの交響曲は美しい旋律やボロディ...

投稿日:2018/03/07 (水)

カリニコフの交響曲は美しい旋律やボロディンにも通じる上質の土臭さも味わえるいい曲ですが、なぜか大きな感動には達しません。嫌いではありません。私の修行不足かもしれません。BGMで流して聴いているとまずまず良い曲だと感じるのですが。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0
★
★
★
★
★
ナクソクは廉価であることから、聴いたこと...

投稿日:2012/08/23 (木)

ナクソクは廉価であることから、聴いたことのない作曲家を発掘するに実に頼もしいが、「メジャーな演奏家、オケの演奏はないか?」と次の盤を探すことになる。で、この盤に行きついた。クチャル(ナクソス盤)の演奏もメランコリックで丁寧な演奏を堪能できるが、こちらは音の輪郭がより鮮明で、フォーカスがバシッと決まった美しい風景写真の様だ。2007年東京ニューシティ管の1,2番演奏会も出向いたが、この愛らしい2曲を丁寧に演奏し実に良かった。作曲家の不遇を思いつつこの曲を聴くとグッとくる。

爺さん さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
クチャル&ウクライナ国立響(NAXOS盤)より...

投稿日:2012/03/07 (水)

クチャル&ウクライナ国立響(NAXOS盤)よりテンポが速めでダイナミックレンジが広く、劇的な仕上がり。難点は、木管とハープがマイクから遠いせいか聞こえにくいことで、第1番の第1楽章再現部のハープは、音量を上げてもわずかに聞き取れる程度です。余談ながら、NAXOS盤の第1番第2楽章で、ハープが点滅信号のように聞こえるというのは、マイクに近いのも一因かと思われます。当盤では、第1番の終楽章は、最初は抑え気味で後半に向かって高揚していきますが、第2番の終楽章は前半から全開で、ケアード・ホールの残響の豊さもあって、金管バリバリの豪快演奏になっています。NAXOS盤で第2番の終楽章を聴いた直後に、再生装置の音量をそのままにして当盤の第2番の終楽章を聴いたら、音のデカさにぶっ飛びそうになりました(笑)。残響があるのに快速テンポで持って行くところがすごい!まるでライブのような熱い演奏です。

のろま さん | 東京都 | 不明

1

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品