CD 輸入盤

カラヤンDG&DECCAオペラ録音集(70CD)

カラヤン、ヘルベルト・フォン(1908-1989)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4794640
組み枚数
:
70
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


カラヤン/DG & DECCA オペラ録音全集

好評のカラヤン・ボックス・シリーズの総仕上げ、オペラ編が登場します。ドイツ・グラモフォン、デッカ、フィリップスがおこなったセッション録音のほか、ザルツブルク音楽祭のライヴ録音も収録。各ディスクは、オリジナル・デザイン仕様の紙ジャケットに封入され、220ページの豪華なブックレットも付属します。ブックレットにはトラックリストのほか、カラヤンついて詳しく知るオペラ評論家ユルゲン・ケスティング氏による書き下ろし欧文解説、そしてレコーディング時の珍しい写真なども掲載されています。



総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
DG録音のトスカをさっそく聴いてみました...

投稿日:2015/07/13 (月)

DG録音のトスカをさっそく聴いてみました。 商品のどこにもOIBP化しているとの表記はなく、CDの盤面に他のカラヤンボックスシリーズと同じく、OIBPのロゴが入っているのみです。 30年ぐらい前に買った同曲・同演奏のCDと比較したところ、タイミング、各曲のファイルサイズ、波型ともすべて一致していました。 結論として、DG盤のトスカに限って言えば、OIBPのロゴはついているものの、中身は従来のものと全く同一のものでした。 こうなると、これまでのシリーズもOIBP化が謳われていたけれど、果たして本当にリマスターされていたのか疑問を感じざるを得ません。

belcanto さん | 東京都 | 不明

7
★
★
★
★
★
カラヤンのボックスはこれで完結であろうか...

投稿日:2015/07/10 (金)

カラヤンのボックスはこれで完結であろうか?クラシック黄金期を支え、膨大なクラシックの録音芸術の遺産を残してくれた一人の巨匠に感謝したい。今のように CDの売れない時代では考えられない凝ったデザイン、素晴らしい絵画のジャケット の音源がまとめて安価に入手できる。クラシック初心者には良い時代になった。 オペラはあまり手が伸びないがこれを機会に手をのばすのも良いかもしれない。 しかし一つの作品の収録時間があまりにも長い。残念なのは韓国から発売された カラヤン60が好評のため値段の安いヨーロッパ版も出回るようになったきっかけで、70のマスタリングがオリジナルイメージプロセッシングに代わってしまったことと、80ではヨーロッパ版しか発売されずディスクを入れる中袋がなくなってしまったことだ。ヨーロッパ版は紙ジャケットも薄くペラペラで印刷はきれいだがやや重厚感にかける。好みの問題だが、音質も昔のアナログ音源はダイレクトストリームマスタリングのほうが良い音に思う。多少の不満はあっても巨匠はわたしの クラシック熱を再燃させてくれた。

3
★
★
★
★
★
DGはこれまでのセットと同様,全てOIBP化さ...

投稿日:2015/06/22 (月)

DGはこれまでのセットと同様,全てOIBP化されている。DGのオペラは,《指環》などごく一部を除いてリマスタリングされていなかったので,嬉しい限りである。しかし,「カラヤンゴールド」シリーズなど初期のOIBP化とは違い,旧盤との違いはちょっと聴いただけではよく分からない。タイミングが旧盤と全く同じだったりするので,本当にリマスタリングされているのかと不審に思ってしまう(初期のものは,曲前後の空白が長くなったり,トラックの切れ目が微妙にズレたりするのが通例だった)。DECCAのものは,特に記載がないのでリマスタリング盤かどうかはよく分からない。ブックレットには解説・リブレットはなし。これはオペラなので非常に残念。一番の問題は,CDがものすごく出しづらいこと。2枚組まではまだ輸入盤にありがちな普通の紙ケースだが,3枚組と4枚組のこんな紙ケースは初めて見た。出し入れしづらいことこの上ないし,うまく出さないと傷だらけになる(既に傷ものになっていたのも何枚かあった)。国内盤なら絶対こんなケースは使わないだろう。ドイツ人はこういうところには全く無頓着なのだと思った。

mulder さん | 福島県 | 不明

5

カラヤン、ヘルベルト・フォン(1908-1989)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品