パスクアル・ドゥアルテの家族

カミロ・ホセ・セーラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062044349
ISBN 10 : 406204434X
フォーマット
出版社
発行年月
1989年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
233p;20X14

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さぼさん さん

    “ドン・キホーテ”の次に有名なスペイン文学.幾つもの殺人を犯すパスクアルは決して真の悪ではない.彼には親の愛情と教育が足りなかっただけ.何度も踏みとどまろうとするが,衝動に負けて罪を犯してしまう.人間の理性を育てるうえで何が必要かを教えてくれる反面教師的な作品.

  • 勉誠出版営業部 さん

    カミロ・ホセ・セラの『パスクアル・ドゥアルテの家族』を読了。冒頭の手紙からして、何やら不思議な構成。内容も書き手が章ごとに変わっているようで、いささか理解しづらい。

  • 乙郎さん さん

    スペインのノーベル賞作家、セラの小説。殺人者の一生を手記形式で綴ったもので、時系列がはっきりしない部分なども多い。信頼できない語り手の形式をとっているのかもしれない。だからこそ解釈がわかれるだろう。個人的には一人だけ死因がはっきり描かれていないのが怪しいと思うのだけれど。この作品が絶版とは惜しいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品