カトリーン・シェーラー

人物・団体ページへ

ちょっとまって、きつねさん!

カトリーン・シェーラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784895726771
ISBN 10 : 4895726770
フォーマット
出版社
発行年月
2008年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,25p

内容詳細

迷子になったうさぎのぼうやに腹ペコのきつねが忍び寄る。うさぎのぼうやは大ピンチ。きつねが大きな口をあけた時、「ちょっと、まって」。きつねとうさぎの約束、知ってるよね。ここはおやすみなさいを言う場所…。

【著者紹介】
カトリーン・シェーラー : 1969年、スイスのバーゼル生まれ。バーゼル造形大学で学び、美術の教師となる。ことばに障害のある子どもたちに美術を教えるかたわら、フリーのイラストレーターとして活躍。絵本では、文章を手がけたものも多数ある。スイスをはじめ、ドイツ、オーストリアやアジアでも高い評価を受けている

関口裕昭 : 1964年、大阪府生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。在学中、ドイツのゲッティンゲン大学に留学。最近のドイツ文化全般に深い興味を持ち、紹介に努めている。愛知県立芸術大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@漫画月間 さん

    あはは、これいいなぁ。まるでコントのような絵本なんですよね。トムとジェリーの追いかけっこを思い出してしまいました。うさぎを食べようと狙うきつねと、きつねから逃れようとするうさぎのやりとりが、スリルがあって、ドキドキしてしまうのです。でも、どこかコミカルで、きつねさんを見ていると、肝心なところが抜けているトムを思い出してしまうんですよね。きつねとうさぎが出会うと、必ずおやすみなさいを言う約束の場所で、遭遇してしまったふたりは一体どうなるのでしょうか。

  • いっちゃん さん

    きつねに食べられそうになるウサギが、知恵をつかってどうにか逃げる。狐のまぬけぶりが可愛い。

  • サウスムーン さん

    うさぎがちゃっかりしている様子が楽しい。きつね、残念だったね。

  • 姫咲 さん

    きつねさん・・人が良すぎよ〜!!ウサギの坊や・・してやったりだけれども、最後狐さんに対するうさぎ家族の対応が、ほっこり出来てヨカッタ^^だって、結局いいようにうさぎの坊やに丸め込まれた挙句に、ウサギの両親にボコボコニされたんじゃ、余りにも酷いもの〜。だからよかったよ〜!図書館本。

  • kazu_tea さん

    賢いウサギの坊やとお人好しのキツネのお話。おやすみなさいの歌を歌いながら自分が寝てしまうキツネが可愛らしく見える。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カトリーン・シェーラー

1969年スイス・バーゼル生まれ。バーゼル造形大学で学び、美術の教師となる。言語障害の子どもたちに美術を教えながら、イラストレーターとしても活躍。2011年『ヨハンナの電車のたび』(西村書店)でスイスの児童青年文学賞、2015年第20回日本絵本賞翻訳絵本賞受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品