カトリーヌ・アルレー

人物・団体ページへ

死の匂い

カトリーヌ・アルレー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488140045
ISBN 10 : 4488140041
フォーマット
出版社
発行年月
1992年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
244p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みみずく さん

    お金持ちで高慢ちきな娘ステラが、病理学者の真面目な青年スペンサーに恋をした。研究所を作ってあげると甘言を弄してステラはスペンサーと見事結婚。莫大な財産があるのだから約束通り作ってあげればいいのに何故かそれだけはしたくないらしく単に意地悪なのかその辺りの気持ちがよくわからなかった。それに対抗するスペンサーの策もかなりどぎつい。「僕が研究をすれば人類の助けになる」という言い分もこれでは頂けないなと思ってしまった。最後の方はこちらも胸が苦しくなった。

  • ゆずこまめ さん

    主な登場人物が3人しかいないのにスリリング。わらの女ほどではないけど、善人が出てこない、悪人同士の頭脳戦、心理戦は十分楽しめました。

  • 有沢翔治@お仕事募集中。基本無償です。 さん

    自業自得、身から出たサビ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カトリーヌ・アルレー

1924年パリ生まれ。女優として舞台に立ち、映画にも何本か出演したが引退。1953年『死の匂い』で作家デビュー。56年に発表した『わらの女』によりミステリ作家としての地位を確立した。同作は、イギリスで映画化され世界的に大ヒットした。サディスティックな作風で知られ、次々にヒット作を生み、日本でも多くの

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品