充たされざる者 上

カズオ・イシグロ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784120027048
ISBN 10 : 412002704X
フォーマット
出版社
発行年月
1997年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
434p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    本書は、カズオ・イシグロの全部で7つある長編小説の4番目にあたる。上下巻合わせて800ページに及ぶが、上巻を終わった段階で、物語内時間ではまだわずかに2日。プロットの展開も遅々として進まないが、主人公のライダーを中心に随分たくさんの人物たちが登場している。招聘されたライダーが紛れ込んだのは迷宮世界なのだが、カフカ風の暗鬱な不条理世界とは違って、どこか晴朗で明るい。ただし、ライダー自身にとっては、しだいに自己のアイデンティティが揺らぎ始めている。今のところ、それは主として他者との関係性においてそうなのだが。

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️⭐️図書館本。イシグロさんは5冊目。難解度MAXな作品の前半がようやく終わりました。だまし絵のような迷宮を彷徨い続ける主人公は痴呆症なのか認知症なのかコミュ症なのか、そもそも現実の話なのかはたまた夢の中の話なのか、まさに流れに浮かぶ泡沫を字でいくお話で、フラフラと何一つ計画を決められず周りの状況に翻弄され続ける展開です。これでやっと2日目の晩になったところですから驚きです。この泡沫(ウタカタ)は何処へ向かっているのでしょうか?後半はもう少し理解できるかな?頑張ってみます。

  • どんぐり さん

    カズオ・イシグロの長編小説。主人公は、ある町から招請されてやって来た天才ピアニスト。ホテルに到着するやいなや、次から次と頼まれ事を受け入れて、あちらこちらへ。どうやらこの町は、かつて住んでいた場所のようである。他人だと思っていた相手が妻と子どもだったり、突然意識下に過去の記憶が浮上したり、他人の会話の中に自分を揶揄する心の声が届いたり、現在から過去へ時空を行き来する。まるで夢を忠実に描いているかのようだ。混とんとした物語だが、面白い。(下巻

  • アキ さん

    コンサートの目的で世界的ピアニスト・ライターが訪れた町での2日間のやり取りのみ。表面上は歓迎する人々と諸手を挙げての歓迎とは言えない違和感がある人々の対応。上巻では何も事件は起こらない。新聞での扱い“ライダーの鬨の声”の記事の内容と彼の苛立ちが下巻でどう展開するのか?

  • ryosuke_okubo さん

    章をまたぐごとに背景としての空間と人物を置いていきながら, ゆっくり時間が進む. その中身はひどく空虚なものが多く, 俗的表現を用いるならば「時間の無駄」と呼ばれそうなものである. 題意からすると, それぞれが尾を引いたまま終わってしまいそうだが, どうだろうか.

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品