カステルヌオーヴォ=テデスコ(1895-1968)
新商品あり

カステルヌオーヴォ=テデスコ(1895-1968) レビュー一覧

カステルヌオーヴォ=テデスコ(1895-1968) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

4件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • タランテラを聴きたいと思ったのですが、テンポ設定が...

    投稿日:2018/02/03

    タランテラを聴きたいと思ったのですが、テンポ設定がいけませんのと、ギターの鳴らし方がイマイチと感じました。せっかくのカステルヌオーヴォ=テデスコ集として楽しみではあったのですが・・・。

    せごびあ さん |40代

    0
  • たぶんこの稿を読んでいるほとんどの方はカステルにつ...

    投稿日:2011/02/28

    たぶんこの稿を読んでいるほとんどの方はカステルについて知らないと思う、私もFMよりふと耳にし当盤を購入した。もしアルベニス、ビゼー、ラヴェル、南欧系が好きならたぶんカステルは新たな友人となるはず。特に5,6曲目は白壁越しに南欧の地中海が見えると思う。

    ヴェラスケス さん

    1
  • テデスコといえば、ギター協奏曲くらいしか有名ではな...

    投稿日:2009/06/05

    テデスコといえば、ギター協奏曲くらいしか有名ではないが、ピアノもこんなに書いているんですね。 色彩豊かでなかなか美しい作品ぞろいです。スペイン的というよりは、ちょっとフランスより、セヴラックなどに近いかな? なんにしても、聴きやすく美しいピアノの世界に浸れます。印象派好きにはお勧めです。

    あんぱん さん

    0
  • たった1枚きりのCDで全集と言うことは、100曲以上のギ...

    投稿日:2006/11/13

    たった1枚きりのCDで全集と言うことは、100曲以上のギター曲を残し、ギター音楽の大家とも言われるカステルヌオーヴォ=テデスコは、意外にもギター協奏曲は少ないということのようですね。ギター協奏曲第1番は、名ギタリストのセゴヴィアとの出会いが作曲のきっかけとなった作品。録音、演奏共に地味ですが、ギターはなかなか美音にに録れているようです。

    たーこ さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%