カジミール・セヴェリノヴィチ・マレーヴィ

人物・団体ページへ

無対象の世界 バウハウス叢書

カジミール・セヴェリノヴィチ・マレーヴィ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784805502310
ISBN 10 : 4805502312
フォーマット
発行年月
1992年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
24cm,170p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chibimao さん

    なにが有益でなにが無益って価値を決めることは社会にも人にもできない。約束事が定められた枠の中においてのみ価値観は決めつけることができるだけ。だから、「感覚」っていう約束事のない世界を表現しようとするマレーヴィチの新しさは印象的に映ります。哲学があってこその美術ですね。

  • ぶらん さん

    マレーヴィチ自身が書いた文章が載せられている。 スプレマティス厶は個人的にも非常に関心があるのだが、如何せん話が難しい。ただ、まだ絵画に限定されているだけマシなのかもしれない。これが哲学などに及ぼうものなら、その頭の使いようは相当たるものになるだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品