オーエン・コルファー

人物・団体ページへ

新 銀河ヒッチハイク・ガイド 下 河出文庫

オーエン・コルファー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309463575
ISBN 10 : 4309463576
フォーマット
出版社
発行年月
2011年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,304p

商品説明

これで、ほんとにグランド・フィナーレ!? それぞれの野望や恋を胸に秘めたゼイフォード、アーサーらの宇宙船にむけて、ヴォゴン船団のミサイルが刻一刻と迫まっていた――。伝説のSFコメディ最終巻。

内容詳細

雷神トールとの密会を果たしたゼイフォードが、意気揚々と宇宙船に戻ってみれば…トリリアンは不死人ワウバッガーと恋に落ち、それを見たランダムはグレまくり、アーサーは恋人姿のコンピュータにご執心で、フォードは飲んだくれていた。一方、地球人絶滅にいそしむヴォゴン船団のミサイルが、刻一刻と彼らに迫っていた―。シリーズついに完結。

【著者紹介】
オーエン・コルファー : 1965年、アイルランドのウェクスフォード生まれ。小学校教師を14年間務めたのちデビュー、“アルテミス・ファウル”シリーズが累計1800万部の世界的ベストセラーとなる。抜群の人気と実績が買われ、“銀河ヒッチハイク・ガイド”シリーズ公式続編の執筆者に抜擢された

安原和見 : 鹿児島県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミツ さん

    H2G2シリーズ、遂に完結。シリーズの終わりにふさわしい、良い幕引きだった。原題が『それとね、もうひとつ言いたいことが……』というのがまたいい。ダグラス・アダムスからオーエン・コルファーに代わったことで、インテリチックなSFネタや哲学ネタは無くなってしまったが、そのお陰でハチャメチャになることなく、ある意味ではとても安心して読める。笑いもブリティッシュジョークならぬアイリッシュジョーク(?)で、ブラックさは無いものの、ナンセンスで小意気な雰囲気は十分に醸し出されている。

  • スターライト さん

    いやー、面白かった!主人公のアーサー、そしてその娘ランダム、元銀河帝国大統領ゼイフォード、『銀河ヒッチハイク・ガイド』調査員フォードなどのおなじみの面々はもちろん、ナノ教教祖という怪しげな人物ヒルマンに、北欧神話のトール、銀河中の知的生命を侮辱して回る(!)ワウバッガー、地球人を全滅すべく奮闘するヴォゴン人司令官親子など、脇役も魅力的でおかしすぎ。だじゃれもちりばめられて翻訳もきちんとその面白さを伝えていて、もう言うことなし。あるとすれば、彼らの物語がもう読めないこと。どこかで映画化しないかなあ。

  • たかし さん

    20数年来のファンとしては、続編が読めるだけでも感動物なのだが、一言。 「マーヴィンを出して欲しかった...」

  • awa さん

    途中けっこうハラハラもさせられ面白く読めた。原作後半で活躍しなかった人が活躍していて大満足、ここまで来たらあの人(?)も復活させてほしかったなーというのが唯一の心残りか。とにかく原作5巻の消化不良感を見事に払拭してくれた有難い作品だった。

  • かじ さん

    ワウバッガーの死にたい願望を叶えるために奔走するゼイフォードと、のせられたトールと、アイルランド人丸出しのヒルマン・ハンターの応酬みたいな感じ。「しーずまりませチーーズ」とか、くだらないセリフがどうにもツボに入る(笑)。まあ、とりあえずはそれぞれがそれなりにそれぞれなりの人生に戻っていった感じ。なので、アーサーはまた「ふりだしに戻る」みたいなことになってる。どこまでいっても幸せになれないのは何故なんや(笑)←でも笑っちゃう。ただ、誰かアーサーと一緒にいてあげてほしい。いっそフォードでもいいから(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品