CD 輸入盤

カール・オルフ・エディション(11CD)

オルフ(1895-1982)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4838639
組み枚数
:
11
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

オルフ生誕125周年記念

ドイツで最も高名な作曲家の一人カール・オルフが今年(2020年)7月10日に生誕125周年を迎えるのを記念してドイツ・グラモフォンからオルフの録音集が発売されます。グンドゥラ・ヤノヴィッツ、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、キム・ボルイ、エルンスト・ヘフリガー、オイゲン・ヨッフム、ラファエル・クーベリック、ヘルベルト・フォン・カラヤンほか有名アーティストによる演奏です。
 CD11枚組。オリジナル・ジャケット・デザインの紙ジャケ、キャップボックス仕様。Andrew Stewartによる新規ライナーノーツ(英語、ドイツ語)が掲載されたブックレット(36ページ)付き。(輸入元情報)

【収録情報】


Disc1
● カルミナ・ブラーナ


 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
 ゲルハルト・シュトルツェ(テノール)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
 シェーネベルク少年合唱団
 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団
 オイゲン・ヨッフム(指揮)

 録音:1967年10月、ベルリン
Disc2
● カトゥーリ・カルミナ


 アーリーン・オジェー(ソプラノ)
 ヴィエスワフ・オフマン(テノール)
 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
 器楽アンサンブル
 オイゲン・ヨッフム(指揮)

 録音:1970年6月、ベルリン

● アフロディテの勝利

 アンネリース・クッパー(ソプラノ)
 エリーザベト・リンデルマイヤー(ソプラノ)
 Elisabeth Wiese-Langer(ソプラノ)
 ラトコ・デロルコ(テノール)
 リヒャルト・ホルム(テノール)
 クルト・ベーメ(バス)
 バイエルン放送合唱団
 バイエルン放送交響楽団
 オイゲン・ヨッフム(指揮)

  1955年10月、ミュンヘン(モノラル)
Disc3
● 歌劇『ベルナウアーの女』より


 リゼロッテ・フェルサー(ソプラノ)
 リヒャルト・ホルム(テノール)
 バイエルン放送合唱団
 バイエルン放送交響楽団
 フェルディナント・ライトナー(指揮)

 録音:1957年3月、ミュンヘン(モノラル)
Disc4-6
● 歌劇『アンティゴネー』全曲


 インゲ・ボルク(ソプラノ)
 ヘティ・プリュマッハー(メゾ・ソプラノ)
 クラウディア・ヘルマン(アルト)
 ゲルハルト・シュトルツェ(テノール)
 フリッツ・ウール(テノール)
 エルンスト・ヘフリガー(テノール)
 キム・ボルイ(バス)
 カルロス・アレクサンダー(バリトン)
 キース・エンゲン(バス)
 バイエルン放送合唱団
 バイエルン放送交響楽団員
 フェルディナント・ライトナー(指揮)

 録音:1961年4月、ミュンヘン
Disc7-9
● 歌劇『オイディプス王』全曲


 アストリッド・ヴァルナイ(ソプラノ)
 ゲルハルト・シュトルツェ(テノール)
 ジェイムズ・ハーパー(テノール)
 ヒューバート・ブフタ(バリトン)
 ハンス・ギュンター・ネッカー(バス・バリトン)
 カール・クリスティアン・コーン(バス)
 キース・エンゲン(バス)
 ロルフ・ボイゼン(ナレーター)
 バイエルン放送合唱団
 バイエルン放送交響楽団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音:1966年11月、ミュンヘン
Disc10
● 時の終わりの劇


 アンナ・トモワ=シントウ(ソプラノ)
 コレット・ローランド(ソプラノ)
 ジェーン・マーシュ(ソプラノ)
 ケイ・グリッフェル(ソプラノ)
 グヴェンドリン・キルブルー(ソプラノ)
 カーリ・レヴァース(ソプラノ)
 ヘルイェ・アンゲルヴォ(メゾ・ソプラノ)
 シルヴィア・アンダーソン(メゾ・ソプラノ)
 グレニー・ルイス(メゾ・ソプラノ)
 クリスタ・ルートヴィヒ(コントラルト)
 エリク・ガイゼン(テノール)
 ハンス・ヴェークマン(テノール)
 ペーター・シュライアー(テノール)
 ハンス・ヘルム(バリトン)
 ヴォルフガング・アンハイサー(バリトン)
 ジークフリート・ルドルフ・フレーゼ(バリトン)
 ヘルマン・パツァルト(バリトン)
 ハンネス・ヨーケル(バリトン)
 アントン・ディアコフ(バス)
 ボリス・カルメリ(バス)
 ロルフ・ボイゼン(ナレーター)
 ケルン放送合唱団
 RIAS室内合唱団
 テルツ少年合唱団
 ケルン放送交響楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音:1973年7月、ドイツ、レヴァークーゼン=ヴィースドルフ
Disc11
● エントラータ(ウィリアム・バード:『The Bells』による)

 ウィーン国立歌劇場管弦楽団
 ヘルマン・シェルヘン(指揮)
 録音:1960年11月、ウィーン

● モンテヴェルディ:アリアンナの嘆き(オルフ編)
 エリーザベト・ヘンゲン(メゾ・ソプラノ)
 Alfred Graeser(コントラバス)
 フェルディナント・ライトナー、ロルフ・ラインハルト(チェンバロ)
 録音:1952年11月、シュトゥットガルト=デガーロッホ(モノラル)

● 歌劇『賢い女』より
 ロレンツ・フェーエンベルガー(テノール)
 Hans Lobel(バリトン)
 ゴットロープ・フリック、クルト・ベーメ(バス)
 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
 クルト・シュトリーグラー(指揮)
 録音:1944年8月、ドイツ(モノラル)

● カルミナ・ブラーナより
 アニー・シュレム(ソプラノ)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 RIAS室内合唱団
 ベルリンRIAS交響楽団
 フェレンツ・フリッチャイ(指揮)
 録音:1949年12月、ベルリン(モノラル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オルフ(1895-1982)に関連するトピックス

おすすめの商品