CD 輸入盤

カルミナ・ブラーナ ムーティ&フィルハーモニアo、オジェー、ケレステン、サマーズ

オルフ(1895-1982)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5864282
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1987
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

・オルフ:カルミナ・ブラーナ

オジェー(S)、ケレステン(T)、サマーズ(Br)
フィルハーモニア管弦楽団&合唱団
指揮:リッカルド・ムーティ

収録:1979年

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
はじめて聴いたのはLPでした。出だしの「お...

投稿日:2012/08/22 (水)

はじめて聴いたのはLPでした。出だしの「おお運命よ」の部分に何度もレコード針を寧下して、すっかり磨り減らした思い出があります。 (その点、CDは何度再生しても変化が無いので良いですね。) さてこの演奏ですが、出だしのタメと強打する打楽器群の迫力にしびれます。 ムーティの若さみなぎる積極的なリズムとテンポ設定は、何かしら中世の妖艶さが感じられ、まさにエネルギッシュで劇的な演奏です。 さすがコレペティートアから出発したムーティらしく、一つの歌劇として演奏しているのを感じます。

karajan fan さん | 北海道 | 不明

4
★
★
★
☆
☆
まだ若い時のムーティ先生の快演。但し、前...

投稿日:2012/04/08 (日)

まだ若い時のムーティ先生の快演。但し、前半はすばらしく好調ですが、第2部以降、ちょっとだらけるところもあり。それから、血の気はあるけど色気がない。これもちょっと残念(色気ではストコフスキーにかなう盤はまだないなあ)。それからコーラスもなんだか下手っぽい。特に女声部は「ありゃっ?」という個所もあり。いろいろ傷はあれど、総じて、全体の雰囲気は悪くない。そんなくらいで、気軽にお聴きのほどを。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
★
打楽器の打ち込みとリズム、クライマックの...

投稿日:2010/04/10 (土)

打楽器の打ち込みとリズム、クライマックの築き方が最高です

とら さん | 山形県 | 不明

2

オルフ(1895-1982)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品