SHM-CD

カルミナ・ブラーナ ハーディング&バイエルン放送響、プティボン、ブンツ、ゲルハーヘル

オルフ(1895-1982)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG1507
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

オルフ:カルミナ・ブラーナ
ハーディング&バイエルン放送交響楽団

国内盤はSHM-CD仕様

才気煥発な若手指揮者の筆頭、ハーディングのDG第2弾! 人気ソプラノのプティボン、活躍目覚しいバリトンのゲルハーヘルという現在第一級のソリストを迎えてバイエルン放送響を振った超人気曲『カルミナ・ブラーナ』!
 ハーディングは1975年イギリス生まれ。現在ベルリン・フィルの音楽監督を務めるサイモン・ラトルに見出され、1994年、18歳でプロデビュー。その後、ドイツ・カンマー・フィル音楽監督(1999〜2003)、マーラー室内管音楽監督(2003〜)、ロンドン交響楽団首席客演指揮者(2006〜)、スウェーデン放送交響楽団音楽監督(2007〜)などを歴任している名実ともにトップの若手指揮者。日本にはマーラー室内管やロンドン交響楽団の日本公演に帯同したほか、東京フィルや新日フィルへの客演も多く、認知や人気も抜群です。また、今シーズンから、新日本フィルハーモニー交響楽団の指揮者陣に「Music Partner of NJP」というタイトルで加入! 日本での人気はさらに上がるでしょう。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
・オルフ:カルミナ・ブラーナ
 パトリシア・プティボン(ソプラノ)
 ハンス・ヴェルナー・ブンツ(テノール)
 クリスティアン・ゲルハーヘル(バリトン)
 テルツ少年合唱団
 バイエルン放送合唱団(合唱指揮:ロベルト・ブランク)
 バイエルン放送交響楽団
 ダニエル・ハーディング(指揮)

 録音時期:2010年4月12〜17日
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク
 録音方式:デジタル(ライヴ)

内容詳細

近年声楽大作にヒットが多いハーディング。当演奏も躍動的なリズムで一気に聴かせる。特筆すべきはオケと合唱の優秀さだ。たとえばTk8でのフルートの味わいや、交替に出るコーラスの透明感と音程のよさ。Tk16など速いテンポにもピタリと付けている。ゲルハーヘルも素晴らしい。(ま)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
この演奏には私もちっとも感心しない。はっ...

投稿日:2012/12/21 (金)

この演奏には私もちっとも感心しない。はっきり言えばがっかりしました。ほとんどの演奏が力強さと勢いと、そして猥雑さを盛り込んで、華やかにまた豪壮にしかしひねた影のある、そういう再現をするこの曲。ハーディングはそういう従来のやり方を拒否し、勢いに呑まれないよう注意しながら、楽譜を克明に再現するという手に出ました。そのため、管弦楽も声楽もこれまで気づかなかった表情がいくつもあって、なかなかに発明は多いというところです。バイエルンのオケやコーラス、ソリストもみなスペックの高いメンバーが集まっているので、成果としては明白に出たというところでしょう。ところが完成品としては平板で、まるで生気のない活力に欠ける調子になってしまいました。ソリストたちの癖の強い歌のおかげで部分的には表情の変化は付いているようにも聞こえますが、トータルはさほどでもなしといふ感じ。私はどうもハーディングのスタイルに合わないんだなあ。これもいい印象を持ちませんでした。残念。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

4
★
★
★
☆
☆
高評価が続くので★3つは躊躇しますが、こ...

投稿日:2011/02/14 (月)

高評価が続くので★3つは躊躇しますが、この演奏に物足りなさを感じてしまいました。ハーディングも、2,3年前に出たティーレマンも、若手株と呼ばれるマエストロはこの曲を純音楽としてとらえているのでしょう。端正でキリッとした顔立ちの美男子カルミナ殿は大変美しくスマートですが、野暮ったさがない。ヤボに演奏してなお喝采を浴びるのはこの曲とシェヘラザード、ローマの祭りぐらいだと思いますが・・そこが残念です。 しかしプティボンとゲルハーヘルが素晴らしい。垢抜けないプティボンの天使のような歌い廻しと、老練されたゲルハーヘルの堂々とした歌いっぷりが印象に残ります。オケと合唱、加えて録音も素晴らしいのに全体の骨格がもう少し骨太だったら・・と少し残念です。

シロブタ さん | 奈良県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
2010年ライブ録音で今後嘱望される若き指揮...

投稿日:2010/12/07 (火)

2010年ライブ録音で今後嘱望される若き指揮者の一人ハーディングによる大曲です。独唱者、各合唱団、オーケストラという大所帯をよくコントロールして大きな破綻もなくオーソドックスに曲を進め25節27曲をタイム61’15で過不足なく適度なスケール感を維持して終えます。この曲と言えばどうしてもヨッフム盤を思い出しますがとにかくベネディクト派のボイレン修道院にあった吟遊詩人の詩を作曲者オルフがチョイスし人間のしたたかな欲望、酒、恋をあからさまに表し中世的的サウンド雰囲気に乗せたこの大曲を35歳のハーディングが歌詞内容にも相応しい年代指揮者として音色が録音良さも手伝って大まかにはならず時にはキメ細かさをつけて演奏しているのはある意味相当とも思え独唱者・・・特に私はソプラノが気に入りました・・・他声楽陣もよく健闘しております。歌詞内容は本当に人間そのもの、官能さえ感じさせこの曲を聴くには特に難しい歌詞ではありませんので歌詞を見ながらをお奨めしたいですね。冒頭かの有名な「運命、世界の王妃よ」で割とセーブされた合唱スタート、オーケストラは先に書いた中世的雰囲気。「春に」の第3曲が5’20と長めなのが特徴。とにかくゆっくり春を節毎に合唱が漂う感じ。バリトン独唱もゆっくり出だしおだやかそのもの。「草の上で」スタートはごつくないオーケストラ全奏サウンドが快いテンポで進みます。管と打楽器の絶妙さと各パートを浮ばせ一本調子にならないコントロールは聴きもの。もうこの辺りは男女の獣的求め愛をどう演奏するかが楽しみ。最後チキチキバンバンに似た曲でオーケストラに工夫が聴けます。「居酒屋にて」・・・バリトンが如何にも歌謡風に歌いますがメリハリもつけてくれます。焙られ白鳥でのテノールの苦しげなリアルさも聴き処。最後チューバが出だし・・・の為に・・・を何回も繰りかえし酒を飲むシーンもよく統制がとれています。「求愛」での少年合唱団は宗教曲にもよーく歌っているだけに透き通った感じがこのタイトル「求愛」歌詞に相応しいし?ソプラノの中性的なアプローチは一方では心の揺れを上手く歌います。合唱が様々入りそしていよいよ最後は冒頭の「運命」テーマが戻ってダイナミックさを少し加え最後充分引っ張って入念に仕上げます。ハーディングの先買いとしてはマァマァな演奏かと思いました。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

2

オルフ(1895-1982)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品