オリヴァー・サックス

人物・団体ページへ

音楽嗜好症 脳神経科医と音楽に憑かれた人々 ハヤカワ・ノンフィクション文庫

オリヴァー・サックス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150504144
ISBN 10 : 4150504148
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
542p;16

内容詳細

雷に打たれ蘇生したとたん音楽を渇望するようになった医師、ナポリ民謡を聴くと発作を起こす女性、フランク・シナトラの歌声が頭から離れず悩む男性、数秒しか記憶がもたなくてもバッハを演奏できる音楽家…。音楽と精神や行動が摩訶不思議に関係する人々を、脳神経科医が豊富な臨床経験をもとに温かくユーモラスに描く、医学知識満載のエッセイ。

目次 : 第1部 音楽に憑かれて(青天の霹靂―突発性音楽嗜好症/ 妙に憶えがある感覚―音楽発作 ほか)/ 第2部 さまざまな音楽の才能(感覚と感性―さまざまな音楽の才能/ ばらばらの世界―失音楽症と不調和 ほか)/ 第3部 記憶、行動、そして音楽(瞬間を生きる―音楽と記憶喪失/ 話すこと、歌うこと―失語症と音楽療法 ほか)/ 第4部 感情、アイデンティティ、そして音楽(目覚めと眠り―音楽の夢/ 誘惑と無関心 ほか)

【著者紹介】
オリヴァー・サックス : 1933年、ロンドン生まれ。オックスフォード大学を卒業後、渡米。脳神経科医として診療を行なうかたわら、精力的に作家活動を展開し、優れた医学エッセイを数多く発表する。2007〜2012年、コロンビア大学メディカルセンター神経学・精神学教授、2012年からはニューヨーク大学医学部教授を務める。2008年に大英帝国勲章コマンダーを受章

大田直子 : 翻訳家。東京大学文学部社会心理学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • naoっぴ さん

    音楽とは、芸術とは、人間の生存には不必要であるにもかかわらず、なぜこんなにも重要なものなのか。その不思議を音楽にまつわる病的症例を挙げながら解説したエッセイ…というか、症例を集めた教科書のような印象の本でした。膨大すぎる症例に興味深いところだけをつまみ読み。音符が頭で動いて止まらないとか、あるフレーズだけが離れない(CMソングとか・笑)などは誰にも覚えはあるけれど、ここまでくると一大事。脳と音楽の関係はいまだに謎に包まれ、神秘のベールの中なのですね。

  • 絹恵 さん

    心に留めておくことが出来ない音と、心と同期せずに流れ行く音の波のなかで暮らすことは、心ではどうにも出来ないことなのかもしれません。それでも人間は誰もが奏者と聴者になり、その音楽は盾にも矛にもなって惑わせたり癒したりします。だからこそ散らばった音が、誰かの、または自らの意志のもとで重なって生まれる音楽は、自由で不自由な、まるで人間の脳を映すように。自分自身を宿すように。

  • 14番目の月 さん

    とても興味深い内容でした。 母が晩年、音楽幻聴に悩まされていたのですが、その原因の一端がわかったような気がします。この本をもう少し早く知っていたら母に説明できたのではないかと、心の負担を減らせたのではと思いました。 絶対音感と声語言語との関係についての考察も実に面白かった。 脳というものの奥深さとすごさを知ることができます。

  • chanvesa さん

    431頁〜の、母を亡くしたサックス先生が母を偲び、D.F=ディースカウの「冬の旅」を聴きに行くも、まったく感銘を受けなかったが、数ヶ月の時間を経てゴルドベルク変奏曲でようやく音楽が心に還って来たという話。吉田秀和さんの奥さんが亡くなられた時の話を思い出した。この本のあちこちにバッハの音楽がエモーショナルな世界と別であることが出てくるが、何となくわかる気がする。歳をとって記憶が覚束なくなったとき、私の心には何の音楽が残っているのか、恐ろしい話だが気になる。

  • あやの さん

    筆者は「レナードの朝」の作者。脳神経学の分野から、音楽と人間の関係を読み解く。不思議な、でも本当に興味深い症例ばかり。共感覚、絶対音感、失音楽症、音楽サヴァン、ウィリアムズ症候群、その他たくさん。音楽に驚異的な才能を示す人は側頭葉が発達してるんだとか!医学的なことはよくわからないけど、人間と音楽が歴史・文化的に深く繋がっている訳が何となくわかった。音楽好きにはうれしい一冊。翻訳ものは苦手だけど、がんばって読んで良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月11日 (月) 11:30
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品