オム・ジョンファ

オム・ジョンファ レビュー一覧

オム・ジョンファ | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

16件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 実はタイトル曲のD.I.S.C.Oしか聴いてないのだが、こ...

    投稿日:2008/09/01

    実はタイトル曲のD.I.S.C.Oしか聴いてないのだが、この曲が非常に素晴らしい。 キャッチ―できらびやかで、こっそりシニカルな歌詞も素敵。PVもハイセンスでかなりお気に入り。

    jungle さん

    2
  • もう最高です!YGファンにはたまらない1枚です。全...

    投稿日:2008/07/24

    もう最高です!YGファンにはたまらない1枚です。全曲いいです。個人的にはGドラとの4曲目が好きです。もうたまりません。YGを知らない方も絶対に楽しめると思います。

    YGPEN さん

    1
  • 女優業を経て約2年半ぶりのニューアルバム。私は『歌...

    投稿日:2008/02/10

    女優業を経て約2年半ぶりのニューアルバム。私は『歌手オムジョンファ』のファンなので、まさに待望の一枚。 今回は自らも楽曲作成に携わった曲が複数あり、また、レビューにもあるようにジヌがプロデュースに参加していることから、今までの作品とは明らかにテイストが違います。「魅せる」ことから「聴かせる」ことに重点が置かれていて、タイトル曲も去ることながら、『Ticket To The Moon』などは落ち着いた名曲だと思います。最終Trackの『愛してる 愛してる』はメッセージを集めた感じでこれも面白い試みです。 それだけに、『Come2Me』の舞

    EIKEN さん

    0
  • (後から知ったのですが、)マルチな才能で活躍中の彼...

    投稿日:2007/04/22

    (後から知ったのですが、)マルチな才能で活躍中の彼女をわたしが初めて意識したのは韓国のCATVのMTVでした。 その時の曲がアルバムタイトルになっているCome2me。 スローながらもリズムが効いててセクシーな曲です。 たまたま、その後公開収録のステージで間近に見る機会が有り、そのセクシーさにすっかりファンになってしまいました。まさにコリアンビューティ?!後から年齢を知って唖然となりました。(笑) 今は女優業が忙しい様ですが、歌手として踊り歌う姿は一見の価値有りです。是非、Come2meを一度、聴いて見て下さい。

    †LUCA† さん

    0
  • とにかくお洒落、素敵!お勧め!韓国云々抜きにしてダ...

    投稿日:2005/08/14

    とにかくお洒落、素敵!お勧め!韓国云々抜きにしてダンス、ラウンジ、ハウス物が好きなら間違いなく買いです!

    RURU さん

    0
  • オムジョンファのベストアルバム。 中でもFestivalは...

    投稿日:2005/03/16

    オムジョンファのベストアルバム。 中でもFestivalはメディアでも紹介され、大ヒットした「モルラ」が収録されています。

    GEMINI さん

    0
  • 気分が優れない時にこの一枚。

    投稿日:2004/11/15

    気分が優れない時にこの一枚。

    EIKEN さん

    0
  • 今では入手困難と言われる1集の「ヌンドンジャ」が入...

    投稿日:2004/10/18

    今では入手困難と言われる1集の「ヌンドンジャ」が入ってます。入門編としてオススメです。

    EIKEN さん

    0
  • 声が、発音がとても綺麗です。 正確にはEumではなく...

    投稿日:2004/06/20

    声が、発音がとても綺麗です。 正確にはEumではなくUhmですが… ベスト盤ですが新しい曲も入ってます。

    てんてけてん さん

    1
  • タイプは全く違うのだが、最盛期のミレーヌ・ファルメ...

    投稿日:2004/02/29

    タイプは全く違うのだが、最盛期のミレーヌ・ファルメールを思い出してしまった。 特にselfサイドのクールっぷりは素晴らしい。音として類例のないものという訳ではないが、これをオム・ジョンファがやったということの意味は大きいと思う。K-POPの領域を無理矢理押し広げる力業は彼女以外の歌手を使ってでは成り立たなかったはず。 イメージとしてはcontrolサイドが実質上の8集で、selfサイドは大幅に方向転換した9集という感じだ。次のアルバムがどうなるか興味深いところである。

    takeda99 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%