オノレ・ド・バルザック

人物・団体ページへ

バルザック「人間喜劇」セレクション 第13巻

オノレ・ド・バルザック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894341463
ISBN 10 : 4894341468
フォーマット
出版社
発行年月
1999年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,496p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    人間喜劇の最後にバルザックが書いた作品。読後の悪さもここに極まれり、との感もあるが、なぜこんなことになってしまったのか考えてみる。鑑識眼があったところで、溜め込むのは悪趣味であり、昔は慣習が違ったにせよ、人の食卓を当てにするのも情けない話だ。だから、ポンスは自業自得。シュムッケも心から気にかけてくれた善人がいるのだから、これもよし。悪人たちが死に向かう枕元で誰が本気で悲しむか、比較すればいい。願わくばトロピエールを誰か救ってやってくれないだろうか。

  • きりぱい さん

    見た目が醜悪で金もない音楽家ポンス。それだけでも哀れなのに、収集するコレクションに相当な値打ちがあると漏れた時、あわよくばどころか実力行使でぶんどろうとする輩が芋づる式に出てくる!誰もが我が物となった妄想につき動かされ、はめられる側がすがる手はことごとく毒されていてもう胸が痛い!あまりの痛々しさに涙を誘われるのだけど、善良ながら美食に目がないポンスはともかく、純粋すぎて、しゃんとしろ!と言いたくなるシュムッケは、何ともいかんともしがたく・・。

  • noémi さん

    バルザックの最高傑作にして最後の作品。確かに!確かにその通りだが、「悲惨」の一言に尽きる。醜悪で無力な老人であるポンス。実は彼は莫大な骨董のコレクターだった。そのコレクションへ蠅のように集る有象無象の輩。何が恐ろしいかといえば、この悪人どもは普段、ひっそりとまじめに生きているごく普通の市井の人なのだ。そして、ひとたび大金を掴むチャンスを目の当たりにすると、人間は醜く狂えるのだ、こう、いともあっさりと。しかし、そんな人間に創りだされる芸術作品の美しさ、汚れのなさよ。まさに神の恩寵は人には計り知れない。

  • 秋良 さん

    お金が絡むと人間は変わる。善人だって悪人になる。なんと言うか生々しい。

  • ホレイシア さん

    読んでる間じゅう、自分が笑われているような気がしていた(笑)。一応収集型の本読みだからであろう。書物というのは絵画や骨董以上に個人にしか価値のないもので、あまり溜め込むのもどうかと真剣に思い始めた。バルザックってすごいもの書いたんだな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

オノレ・ド・バルザック

1799‐1850。フランスの小説家。トゥール生まれ。8歳からの6年間、寄宿学校に入れられる。17歳で代訴人の事務所に見習いとして入り、パリ大学法学部に通う。このころから文学者を志し、20歳のころパリ市内の屋根裏部屋に住んで小説を執筆し始める。人間を観察し、その心理を精密に描きつつ、社会全体をも映し

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品