オノレ・ド・バルザック

人物・団体ページへ

セラフィタ

オノレ・ド・バルザック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784042006015
ISBN 10 : 4042006019
フォーマット
出版社
発行年月
1989年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
216p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • misui さん

    人間を超越した存在である両性具有者セラフィタが一組の男女に天へと至る道を説く…という大筋はあるものの、実際は登場人物の口を借りてバルザックがスウェーデンボルグゆずりの神秘思想を開陳するものだった。わけがわからないままに適当に読んでいたらセラフィタが昇天を始めて視界が光に包まれてさらにわけがわからない。旧字なのも読解の困難に拍車をかけるので、いつか別の版で再挑戦したいところ。

  • kinka さん

    両性具有の麗人セラフィタ=セラフィトゥスを巡って展開する、男と女と神様を巻き込んだ、何角形だか分からない修羅場を描いたバルザックの神秘小説。この人、本当に凡そ何でも書いている人なんだなあと思う。この世の価値観だけで満足できなくて、彼岸の悦楽まで見据えている。確かに霊魂には性別なんて無いんだろうけれど。肉の快楽より信仰の法悦のほうが気持ちいいのかしら。ただ、男は女を、女は男を愛するものであるという前提で話が進むのは頂けないわ。時代的なものもあるんだろうけれど、この人は怪物ヴォートランを生んだ人なんだから。

  • H2A さん

    世評好ましくない作品で確かに読みづらく、スウェーデンボリの教説が鏤められた難解で退屈な説教が大半である。そこが好悪を分ける。駄作との説にも一理ある。しかし終末近くでは幻視される天界を読めば、バルザックの桁違れに巨大な想像と描写に圧倒されてしまう。これに比肩するとすればユゴーの『諸世紀の伝説』の中にしかない。ミルトン『失楽園』以来の傑作。

  • kottono さん

    有名な両性具有作品。バルザックの神秘主義的な考え方を正確に理解出来ている自信はないですが、娯楽として読んでも楽しかった。個人的に、ミンナの喋り口調はこの訳が好き。当時の科学に基づいた描写はこの時代にとってのSFなのかもしれません。

  • 海 さん

    北欧の小さな村に、人の姿で顕れた天使・セラフィタ(セラフィトゥス)。彼女(彼)は自分を恋い慕う一組の男女に、神の国と、そこに至る道を啓示する。スウェーデンボルグに傾倒していたことが非常によく分かる作品。しかしながら「セラフィタ」の方が「霊界日記」より読みにくいのは、旧式漢字(古本なので・・・)のせいもあるが、それ以上に作者の思い入れの激しさに、私がついていけなかったせいだと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

オノレ・ド・バルザック

1799‐1850。フランスの小説家。トゥール生まれ。8歳からの6年間、寄宿学校に入れられる。17歳で代訴人の事務所に見習いとして入り、パリ大学法学部に通う。このころから文学者を志し、20歳のころパリ市内の屋根裏部屋に住んで小説を執筆し始める。人間を観察し、その心理を精密に描きつつ、社会全体をも映し

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品