LPレコード 輸入盤

序曲集:ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (アナログレコード/Deutsche Grammophon)

オッフェンバック(1819-1880)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4836398
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

オッフェンバック生誕200年記念、カラヤンによるオリジナル音源からのLP発売

《ヘルベルト・フォン・カラヤン〜オッフェンバック:序曲集》


オッフェンバックの生誕200年を記念し、喜歌劇『地獄のオルフェ』『青ひげ』『ジェロルスタン女大公殿下』『美しきエレーヌ』『ヴェル=ヴェル』からの序曲集と『ホフマン物語』より「舟歌」を収録した、ヘルベルト・フォン・カラヤンとベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のLPがドイツ・グラモフォンより発売されます。

【収録内容】
オッフェンバック:
《Side A》
1) 喜歌劇『地獄のオルフェ』より序曲、2) 喜歌劇『青ひげ』より序曲、3) 喜歌劇『ジェロルスタン女大公殿下』より序曲
《Side B》
1) 喜歌劇『美しきエレーヌ』より序曲、2) 喜歌劇『ヴェル=ヴェル』より序曲、3) 歌劇『ホフマン物語』より「舟歌」

【演奏】ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1980年6月−9月、ベルリン、フィルハーモニー
(メーカー・インフォメーションより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ずいぶんと落ち着いたオッフェンバック。 ...

投稿日:2014/04/09 (水)

ずいぶんと落ち着いたオッフェンバック。 フランスのオペレッタなんだし、もっと洒脱で軽快な演奏でも良いと思うのだが……。 「指揮者もオーケストラもあまりやる気がないんじゃないの?」と思ってしまう演奏。もちろん、カラヤンだし、ベルリンフィルだし、上手いんだけどね。「レコード会社に言われて渋々録音したんだろうか?」なんて勘ぐっちゃうよ。 なんとなく、「思い」が伝わって来ないのが残念。

手ぶくろを買いに さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
★
☆
かつて4つぐらい出ていたオッフェンバック...

投稿日:2009/03/25 (水)

かつて4つぐらい出ていたオッフェンバックの序曲集も、国内盤ではこれだけになってしまった。 カラヤンの指揮はテンポをゆっくりとり、重厚で美しい仕上がりになっている。が、オッフェンバックのもつ軽快さが失われているのではとも感じる。 また、デジタル録音の初期頃に録音されたらしく基準の音は小さい。 この点は要改善だと思う。

1
★
★
★
★
★
年を取ったせいかかつては何の興味もなかっ...

投稿日:2008/07/03 (木)

年を取ったせいかかつては何の興味もなかったオッフェンバックの曲もどういうわけかいい曲と思えるようになった。こういった曲も華麗な演奏でCDに残してくれたカラヤンに感謝しなければ。

fuka さん | 横浜 | 不明

0

オッフェンバック(1819-1880)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品