オッフェンバック(1819-1880)

人物・団体ページへ

DVD

喜歌劇『盗賊』 ジボー&リヨン歌劇場

オッフェンバック(1819-1880)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DLVC1103
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD

商品説明

オッフェンバック:喜歌劇『盗賊』全3幕
[指揮]クレール・ジボー [演奏]リヨン歌劇場管弦楽団 [収録]1989年 [出演]ミシェル・トランポン、ヴァレリー・シュヴァリエ、コレット・アリヨ=リュガーズ他

日本ではあまり紹介されていなかったオッフェンバックのオペレッタ『盗賊』。この作品はシカゴ暗黒街のギャング達が繰り広げるドタバタ劇です。エルロの演出はオッフェンバックのメロディーの完全なる媒体と化し、すばらしいドラマを生み出します。

カラー/リニアPCMステレオ/4:3/片面1層/122分/日本語字幕/歌唱:フランス語

内容詳細

日本ではほとんど紹介されていないオッフェンバックのオペレッタ「盗賊」の貴重な舞台映像。オッフェンバックが「天国と地獄」や「ホフマン物語」だけの作曲家でないことがわかる。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フランスへは、3回ほど旅行したが残念なが...

投稿日:2021/03/06 (土)

フランスへは、3回ほど旅行したが残念ながら、オペラ・コンサートには行っていない。オッフェンバックは、DVDで嵌まり多くの喜歌劇を購入した。このDVDは、リヨン歌劇場の雰囲気が見られるとともに、日本語字幕付きで、十分に楽しむことが出来た。一見をお勧めします。

kazu1949 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
演出はまあまあ良いかな、セリフと舞台が一...

投稿日:2005/07/28 (木)

演出はまあまあ良いかな、セリフと舞台が一致していないところあるが…。 カメラアングルがイマイチ。焦点が定まっていない箇所多数あり、それにツギハギがよく判る撮り方と編集だ。 録音も低域がイマイチ、ライブだから制限があるのかステレオ感もイマイチ。 演奏もこれまたイマイチ、管弦楽は平たくなめされた感じで、これは指揮者に依るものだろうか。ただ、歌手は乗っている様子。 指揮者が男だったらオーケストラは、もっと乗りに乗っていたに違いない。でも、ここまでよく頑張った。 こんな、細かいことを抜きにすれば総じてOKかな。

うど さん | 武蔵国多摩 | 不明

0

オッフェンバック(1819-1880)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品