オスカー・ブルニフィエ

人物・団体ページへ

知るって、なに? こども哲学

オスカー・ブルニフィエ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784255003795
ISBN 10 : 4255003793
フォーマット
出版社
発行年月
2007年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
24cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

素朴ななぜを楽しく考える絵本。「知る」とは何かを考えるための、大きな問題を6つ取り上げる。色々な考えをあれこれ組み合わせたり、ふだんは見えてこないところを覗き込んだりしながら、自分だけの答えを探そう。

【著者紹介】
オスカー・ブルニフィエ : 哲学博士で先生。おとなをあつめて哲学の勉強会を開いたり、こどもたちが自分で哲学してみる場をつくったり、みんなが哲学となかよくなるために、世界中のあちこちで仕事をしてきた

西宮かおり : 東京大学卒業後、同大学院総合文化研究科に入学。社会科学高等研究院(フランス・パリ)博士課程留学を経て、東京大学大学院総合文化研究科博士課程を単位取得退学

パスカル・ルメートル : 1967年にベルギーで生まれた。職業はイラストレーター。ブリュッセルのラ・カンブル視覚芸術学校の先生で、風刺画の授業を担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けんちゃん さん

    読友さんのご紹介本。オスカー・ブルニフィエさんのこども哲学シリーズ。ひとつのことを突き詰めて考えていく、それが哲学なんだなぁ、とあらためて確認できる本でした。子ども向けの哲学の本が書かれた背景には、フランスの教育事情があるようですが、このような本を見ていると、日本は何を教育しているのだろうと、考えてしまいます。シリーズの日本語監修を重松清さんがされていて、巻末には「おまけの話」として重松さんの短編が収録されています。これがまた、よいお話でした。

  • ののまる さん

    自分が知っていることと、知らないことをちゃんとわかるようにすること。これから知るということは、ワクワクする冒険だということ。ブックカフェで読んで、筆記用具がなかったので、うろ覚えですが、心にぐっときたページ。

  • mari さん

    こども向け哲学本。小三長女が、勉強するには学校へ行かなきゃだめ?の部分をよく読んだ、と言っていました。どんなこと書いてあった?と聞くと、語れないのですが(^_^;)一つの質問に色んな切り口で解答?考え方が書いてあるのがよいですね。中〜高学年の間に、一度は手にとってみたい本。

  • なま さん

    小学生向けに書かれた哲学の本。少ない文字の中で知るって事が「知識、手法を増やし判断力を磨く」「正しさ、大切さ、本当の事、為になる事を見分ける」「時代や科学の進歩で知ってる事も変わる。」全ては自分で生きて行けるように。とても時間がかかるけど、考える、知る事に鈍感だと興味を持てず夢・目標は定まらない。付属のおまけの話も、知る事の良し悪しを考えさせてくれる本だと思う。

  • イズアル さん

    「どうして?」を大人(外側)に求めるんじゃなくて自分で考える大切さと、色々な思考方法。わからないことはわからなくてもいいし、考え途中の言葉にならないものだって大切な自分の気持ち。重松さんらしい、おまけの話もいいですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

オスカー・ブルニフィエ

哲学博士、教育者。おとなのための哲学教室と子どものための実践哲学を広めるため数々の国で活動。世界における哲学についてのユネスコ白書も手がけている

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品