オクテイヴィア・e・バトラー

人物・団体ページへ

キンドレッド 河出文庫

オクテイヴィア・e・バトラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467443
ISBN 10 : 430946744X
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
542p;15

内容詳細

二十六歳の誕生日をむかえた日、黒人女性のディナは、突然十九世紀初頭の奴隷制下の地へタイムスリップし、ルーファスという白人少年の命を救う。ルーファスは、黒人奴隷を多く抱えた農園主の息子であった。一世紀の時を超えた彼の元への、重度なるタイムスリップの理由が、次第に明らかになってゆく。人間の本質を問う、アフリカ系アメリカ人SF作家の金字塔。

【著者紹介】
オクテイヴィア・E.バトラー : 1947年生まれ。アメリカのSF作家。アフリカ系アメリカ人かつ女性としてはほぼ唯一、数多くの実績を残したSF作家であり、2006年に59歳の若さで亡くなった後にも伝説的な存在として広い読者を持つ。「血を分けた子ども」でヒューゴー賞、ローカス賞、ネビュラ賞を、「話す音」でヒューゴー賞を受賞

風呂本惇子 : 1939年生まれ。アメリカ黒人文学、カリブ文学研究

岡地尚弘 : 1950年生まれ。アメリカ文学研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ざるこ さん

    黒人のデイナは突然19世紀初頭へタイムスリップする。否応なく何度も招喚され、ある条件でしか現代へ戻れない。奴隷制下の米国南部。鞭のしなる音や呻き声が聞こえてきそうな描写がつらい。奴隷は「所有物であり財産」それが当然であるという思考が恐ろしくてたまらない。この数百年で少しの進歩はあるようだが人種差別の歴史の根深さを改めて考えさせられる。農場主と黒人奴隷という関係に憎しみと血縁による親しみとで複雑に揺れ動くデイナの感情はとても読み応えがある。奇妙な時間旅行の理由は読者がさまざま想像すればいいことかと。

  • Shun さん

    初読みのSF作家で30年前に邦訳されたものを文庫化。著者は故人でアフリカ系アメリカ人の女性ということもあって、今まで読んだことのないタイプのSF作品という期待もありました。物語の概要は、現代に生きる黒人女性(夫は白人系)が過去に繰り返しタイムスリップし過酷な体験をするというもので、重要なのはその時代が南北戦争以前のアメリカであるということ。即ちそれは本作が奴隷制が公然と存在していた時代を映し、黒人たちが受けた凄惨な仕打ちを限りなく現実的に描いている点で近年のBLM運動に関連しても重要な作品と受け取れます。

  • のりまき さん

    すごい小説だったなあ。タイムスリップ物なんて軽い気持ちで読んだら、かなり重くて苦しかった。デイナの過去への旅は何の意味があったのか。失った物が多過ぎる。

  • lico さん

    「奴隷制とは感覚を麻痺させる長いゆっくりとした過程なのだ。(360P)」コルソン・ホワイトヘッドの『地下鉄道』が黒人奴隷制の歴史を俯瞰的に描いたパノラマだとしたら、こちらは内側に張り込む体験型アトラクションのようなものだと感じた。白人であるルーファスの語る「たいていの場合生きていることは、面倒な思いをするほどの価値もないんだ。(403P)」という言葉は黒人側のあきらめの言葉のようにも聞こえる。本書を読むと奴隷制の悲痛さは伝わってくると同時に、なぜ奴隷制が始まりどのように維持されてきたかに興味がわいてくる。

  • Vincent さん

    アメリカにかつて存在した黒人奴隷制度が人権侵害どころではない冷酷で悲惨だったことを容易に理解できる見事な傑作。長めの長篇ですが全篇知られざる人道上の衝撃的な出来事が次々と起きて興味が尽きません。白人にとって恥の歴史。決して世に広まってほしくない本書はいまだにベストセラーに都度ランクインしているとか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品