もうひとつの声 詩と世紀末

オクタビオ・パス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000253000
ISBN 10 : 400025300X
フォーマット
出版社
発行年月
2007年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,202p

内容詳細

果たして、来るべき時代に詩は生き延びられるのか。現代社会における詩の機能を検証し、未来において詩が占める位置、担うべき役割を予言する。「弓と竪琴」「泥の子供たち」に続く詩論三部作の完結篇。

【著者紹介】
オクタビオ・パス : 1914‐1998。現代ラテンアメリカを代表するメキシコの詩人・批評家。シュルレアリスムの正統的・批判的継承者として知られる。インド・中国・日本の思想・文化にも通暁し、古今東西にわたる文明批評を縦横に展開。創作活動は多岐にわたり、詩集、詩論、評論を多数発表。驚嘆すべき博識と犀利な知性に裏づけられた評論と、二〇世紀を代表する詩業によって数々の国際的な文学賞を受賞。『もうひとつの声』を出版した一九九〇年にノーベル文学賞を受賞

木村榮一 : 1943年、大阪市生まれ。神戸市外国語大学学長。現代ラテンアメリカ文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こぐま さん

    半読

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品