昼下がりのギムレット

オキシロー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877287948
ISBN 10 : 4877287949
フォーマット
出版社
発行年月
1999年11月
日本
追加情報
:
249p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • greenish 🌿 さん

    (再読)ドライな男とクールな女。人の数だけ、酒の数だけ互いの想いが交錯する…男と女と酒場の20の物語 ---オキ・シローさんの幻冬舎文庫カクテルシリーズも最終巻。カクテルとは、ウイスキー・ブランデー・ジン・ウオッカなどのベースに、リキュール・シロップ・果汁・香料などを混ぜ合わせた混成酒である。複雑に絡まり合ったその飲料は、時に苦さを、時に甘さを、時に爽やかさを醸し出す。それはあたかも人間の男女の交わりにも似ている。オキさんの紡ぎだした5冊の物語に酔いながら、人間の心の襞にそっと触れた想いがする…。 ⇒

  • 再び読書 さん

    酒好きには安心できる本。本巻はウィスキーの銘柄も出てきて一安心。ここでもギムレットとやはりチャンドラーの偉大さが炙り出される。個人的にはカンパリのカクテルと甘めのカクテルはいただけない。ふと船戸氏の作品にアブサンが出てきた事を思い出し、やはり甘くない方が酒として飲みたいと思う。まだ、酒飲みとしてこなれていないのかも知れない。カリブのテキーラもうまそうである。青い炎のサンブーカも興味がある。まだまだ酒の世界は奥が深い。

  • niisun さん

    これでオキ・シローさんのカクテルシリーズはコンプリートです♪

  • nobico さん

    カクテルが作りたい

  • マリノ さん

    どうして言葉にすると愛って無力な響きになるんだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

オキシロー

メンズ・マガジンのチーフ・エディターを経て、執筆活動に入り、主に酒をテーマにした掌篇小説、エッセイ、ルポを週刊誌、ファッション誌、夕刊紙、航空機内誌などに発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品