寂しいマティーニ 幻冬舎文庫

オキシロー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877285395
ISBN 10 : 4877285393
フォーマット
出版社
発行年月
1997年12月
日本
追加情報
:
264p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • greenish 🌿 さん

    (再々読)一杯のカクテルが馥郁たる香りを放ち、心の隙間に注がれる。バーに集う男と女の甘く切ない21の物語 ---NYと東京。女の過ごしたNYの1年は長く、そこには男の記憶にない女とオリーブのない殺風景なマティーニが佇む…(寂しいマティーニ)。カクテルにはそれぞれ誕生秘話があり、男と女にもまた、出逢いも別れも、甘さ苦さの物語もある。夜という刻限、酔いという状態の中で、時に抒情的に時に感傷的に…。グラスの中で溶け合ったリキュールのような、綯い交ぜの味わいを醸しているオキさんの短編、実にいい余韻がありました。⇒

  • greenish 🌿 さん

    (再読)マティーニ・マルガリータ・ブラックベルベット・ミモザ…。一杯のカクテルが馥郁たる香りを放ち、心の隙間に注がれる。バーに集う男と女の甘く切ない21の物語  ---蔵書整理して見つけた15年程前に読んだ本。懐かしい香りがしました。 一つひとつのカクテルに誕生秘話や味わう男女の物語が宿っている。お酒を飲む行為は、人生に奥行きをもたらしてくれるのであろう。 《ブルーマンデー》憂鬱な月曜日の名を持つウォッカベースのカクテル。「憂鬱なことがおありなら、一緒に飲み流しておしまいなさい」

  • 再び読書 さん

    やはり、この人の語る話は安心感と粋を感じる。酒は夜と直結し、恋と連動することがお決まりと思われる。いつ読んでも間違いが無い、この人の本を読むとギブソンに心を惹かれる。それとカンパリに強い思い入れがあるように感じる。特にカンパリ・ソーダは苦手なだけに、アメリカーノも少し気が引ける。まだまだ苦さが解からない幼児性を僕がもっているせいかも知れない。第二の人生にバーテンにと夢みるぼくの楽しみです。

  • kumei次長 さん

    オキ・シローさんの短編集にハマり、一時期かなりカクテルを飲んでいました。カクテルの由来を紐解くと意外な事実が分かりおもしろい。Barを中心に繰り広げられる、男と女の駆け引きと悲哀がカクテルの酔いがページをめくる手を早める。こんな文章が書ければ、酒にお金をつぎ込んでも惜しくないかもね。

  • shino さん

    シリーズ5冊を頂いたもの。お酒をお題にしたショートストーリーで、軽く読めました。軽く読ますのも、技術だなあと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

オキシロー

メンズ・マガジンのチーフ・エディターを経て、執筆活動に入り、主に酒をテーマにした掌篇小説、エッセイ、ルポを週刊誌、ファッション誌、夕刊紙、航空機内誌などに発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品