テキーラの朝やけ 幻冬舎文庫

オキシロー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877285999
ISBN 10 : 4877285997
フォーマット
出版社
発行年月
1998年06月
日本
追加情報
:
274p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • greenish 🌿 さん

    (再読)ほのかな酔いが、精一杯強がる男をちょっぴり切ない気分にさせる。バー・ボロンゴにやって来る男と女の恋模様を綴った14のショートストーリー  ---蔵書整理して見つけた15年程前に読んだ本。マスターバーテンダー大介が、店に訪れる屈託を抱える男女を、旨い酒と優しさと少しのユーモアで解きほぐしていきます。 《テキーラサンライズ》志半ばで夢を諦めた男がかつての自分と決別し、そして自分を追い越していった大切な女性の未来を願って飲む、朝焼け色したカクテル・・・。陽はまた昇るですね。

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房 さん

    東京・渋谷の外れにあるバー・ボロンゴを舞台に夜の物語が綴られます。小さなグラスの中の酒は、異国の海の夜明けのようにも、訪れを待つ季節を切り取ったようにも映るのです。一杯のマルガリータを飲む姿を手がかりに、都会の夜を泳ぐ男を探す女性。かつて夢を託したテキーラサンライズを飲みながら、その夢に別れを告げる髪を切ったミュージシャン。年の離れた恋人の幸せのため、一世一代の芝居をする男を慰めるのはマンハッタン。疲れた夫婦が【あの日】に帰るため、もう一度飲むダイキリ。ゆっくりと飲み干せばまた、朝が来る。14編の短篇集。

  • hirune さん

    渋谷のバーのオーナーでバーテンダーの大介さんはカクテルやお酒に絡めて、お客さん達の人間模様に力を貸したり力及ばず心を痛めたり。男女の話し、家族の話し、諍いやトラブル、ギャンブルやどうしても抜けられない宿業に囚われた人々を、でもそんなに重くなくサラリと描いている感じです。いろんなカクテルの説明が面白い☆大介さんの作るカクテルの数々を見てみたい、そしてちょっぴり舐めてみたい(お酒弱いからね)

  • セウテス さん

    〔再読〕オキシロー氏の、Barで起こる男と女の物語を、カクテルを通じて赴きのある書きくちで綴る作品です。軽いハードボイルドの、雰囲気を楽しめます。あるあるではないですが、似たような経験を読者の皆さんも感じて、思い出に浸れるのではないでしょうか?Barやカクテルの知識も楽しめ、役に立ち、ミステリーとお酒は切っても切れないモノだと、再確認しました。基本的にバーテンと男と女の三人しか登場しない短編で、しっかりミステリーしている事に驚きます。あ〜是非とも、お酒の呑める時に読まれる事を、お薦めいたします。

  • greenish 🌿 さん

    (再々読)酒の味はいつも変わらず、グラスを持つ人の心だけが移りゆく…。バー・ボロンゴを舞台にした14の物語 ---今作はハードボイルド・テイストのショートストーリー。バーとは不思議な場所で、我が家ではないのにふと心のたがを緩めてしまう、そんな場所。ゆえにバーテンは、男と女の道先案内人にもなるようで…。 かのヘミングウェイも愛した”ダイキリ”を仲立ちとして夫婦になった2人。やがて倦怠の時を迎えるも、バーテンより差し出された”ダイキリ”が、2人に蜜月の記憶を呼び覚ます。酒とバーテン、求めればそこに在る…。 ⇒

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

オキシロー

メンズ・マガジンのチーフ・エディターを経て、執筆活動に入り、主に酒をテーマにした掌篇小説、エッセイ、ルポを週刊誌、ファッション誌、夕刊紙、航空機内誌などに発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品