エーリヒ ケストナー

人物・団体ページへ

人生処方詩集

エーリヒ ケストナー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480022714
ISBN 10 : 4480022716
フォーマット
出版社
発行年月
1988年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
289p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いちろく さん

    個人的に「2人のロッテ」や「飛ぶ教室」等の児童文学作家のイメージだったケストナー。始めは詩人として詩集を発表していたのですね。〜〜になったら、と人生に迷った時にオススメの用法として読める形でも詩が紹介されている。救いの無い内容も少なくない。寧ろ、現実を提示する事がケストナーなりの救いなのか、と。

  • カキ@persicape さん

    図書室にあった絶版本。パラフィン紙に包まれた綺麗な状態で出会った嬉しさは忘れない。悩むと読む大切な本。「私が今推奨したいのは目に見える税金のかかる財産ではない。たとえ開放しても誰にも計算することの出来ない値がある。泥棒もこの財産を盗むことはできぬ。忍耐こそはそういう財宝だ。あるいはユーモアだ。親切もまた然り。その他全ての気持ちがそうだ。なぜなら心には場所がいくらでもあって魔法の紙袋のようなものだから。」意識高い系自己啓発本より響く。ここに戻れば何かしら諭してくれる。そんな本がある幸せを感じさせてくれる本。

  • シンドバッド さん

    創元社版も読んでみました。リズムの違いがあるようです。

  • よしどん さん

    『点子ちゃんとアントン』が良かったので、たまには詩集にチャレンジしようと手に取った。が、やはり、よくわからない・・・。読んでいてもなかなか頭に入ってこない。ただ、「これが運命だ」は短いこともあり、すとんと腹に落ちてきた。「これが運命だ/妊娠と/葬式の間に/あるものは 悩みだけ」。妻も同じことを言っている。時代が変わっても人の悩みはあまり変わらないということだろう。詩集はあきらめて、次は小説にしよう。

  • MaRuTaTSu さん

    所々『ファービアン』に重なるとこが見受けられた。「卑しさの発生史」には児童文学作家としてのケストナーの全てが詰まってる。 個人的には「絶望第一号」と「大げさな言葉のない悲歌」が一番心に響く詩だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エーリヒ ケストナー

1899‐1974。ドイツの詩人・小説家。ドレスデン生れ。1929年に発表した『エミールと探偵たち』で児童文学作家として知られるようになる。ファシズムへの批判、自由主義的な作風により、ナチスによって迫害を受け、’33年発表の『飛ぶ教室』を最後にドイツ国内での出版を禁じられ、著作の焚書処分を受ける。第

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品