エーリヒ ケストナー

人物・団体ページへ

サーカスの小びと ケストナー少年文学全集 改版

エーリヒ ケストナー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001150599
ISBN 10 : 400115059X
フォーマット
出版社
発行年月
2007年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,269p

内容詳細

身長5センチしかない小びとの少年が、サーカスの魔術師と組んで大活躍し、世界的に有名に。だがある日、誘かいされてしまう…。あたたかさとユーモアにみちた、無類におもしろい物語。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紅はこべ さん

    実はケストナーでちゃんと読んだのはこの本だけ。ドイツ人にはユーモアがないと言われるけど、本作を読む限りそうとは思えない。特にメックスヒェンとヨークス教授の会話なんか。何度笑ったことか。マルチパン三姉妹のマルチパンって、マジパンのことだったのね。最近知った。サーカスが舞台の作品では、小説や映画も含めて、一番好き。

  • たつや さん

    図書館で借りましたが、意外と本は重くボリュームがあり、でも、作品は初めて読むのに懐かしく、一気に同心に帰れ、癒されました。児童本って馬鹿にできませんね!いいです。また、他の本も開拓して読みたいなと思いました。

  • あるちゃ さん

    物語そのものは興味深くもあり面白くもあり、なのですが、いかんせん訳が直訳すぎる気が… 昭和の中盤頃に中学生だった私が学校で習ったような訳というか…忠実に訳されているのだとは思うのですが、もうちょっと砕かないとむしろ分かりにくいと感じるところがありました。 自分の才能を生かして行きたい道を行き、まじめで素直で賢くて、人に優しくウイットに富んでいるメックスヒェンとヨークス。 ともすれば犯罪じゃないか!!といわれそうな芸当で人気者になっていく二人。 ともすれば人として認められて生きていくことが難しくなってしまう

  • 保山ひャン さん

    「小びと」といっても、作中にも「一寸法師」の表現があるとおり、マッチ箱の中で寝ることのできる、身長5センチくらいの少年の物語。サーカスで「大どろぼうと小びと」の演目で人気を博し、彼を拉致した悪者の魔の手から頭を使って脱出する。スリの名人がお客さんから腕時計やネクタイなどをいつのまにやら盗んでいる芸は昔よく見たけど、今でもあるのかな。魔法の薬で小びとが身体を2メートル以上に伸ばしたりするシーンもあったが、アリスと違って骨や皮膚がメキメキひりひりする痛みを伴うシーンだったのが興味深い。

  • あだ さん

    一番大好きな本

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エーリヒ ケストナー

1899‐1974。ドイツの詩人・小説家。ドレスデン生れ。1929年に発表した『エミールと探偵たち』で児童文学作家として知られるようになる。ファシズムへの批判、自由主義的な作風により、ナチスによって迫害を受け、’33年発表の『飛ぶ教室』を最後にドイツ国内での出版を禁じられ、著作の焚書処分を受ける。第

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品