エーリヒ・ケストナー

人物・団体ページへ

エーミールと探偵たち ケストナー少年文学全集 改版

エーリヒ・ケストナー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001150513
ISBN 10 : 4001150514
フォーマット
出版社
発行年月
2007年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,212p

内容詳細

エーミールはベルリンのおばあさんのところへ行く途中、汽車の中で大切なお金をぬすまれてしまった。怪しい山高帽の男を追跡するエーミールは、ベルリンっ子の少年たちの協力で悪漢を追いつめる。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • NAO さん

    小学生の頃から持っている、大切な本。ケストナーの自伝的要素が強く、美容師の母と息子の貧しい二人暮らしの中で、エーミールがかいがいしく母の手伝いをしたり、母への思いをつぶやいたりする場面、教授君とお金の話をしている場面などに少年ケストナーの面影が見える。この本では貧しい子と金持ちの子、田舎の子と都会の子という対比も描かれているが、田舎からポッと出て来て難儀に遭っている少年を助けるベルリンっ子の律義さ、統率のとれた動きは、子供とは思えない機知に富み、最後に悪投を取り巻いて動く姿は圧巻で、文句なしに面白い。

  • tomatobook さん

    世界的に有名な児童文学、今さら読了。学童期に読んだらさぞワクワクしただろう。苦手な和訳もので日本語に違和感を持ちつつ、それでもエーミールが仲間たちと泥棒を捕まえる勇敢さとスリリング感はとても良かった。訳者あとがきで触れられたケストナー自身の生い立ちもこの本を読む上で知っておきたい知識。

  • こまっちゃん さん

    ケストナーが書く少年文学が大好きです。少年が持つ勇敢さと優しさ。エーミールがお母さんに見せる思いやりにぐっときます。

  • ヨルマサ さん

    何度読み返したかわからない大好きで大切な本。初めに読んだ時はとても壮大に思えたけど、今読むと大変スムーズに進んでおる。エーミールが教授君と中庭で話すシーンには毎度ぐっときて、少年たちの痛快さだけでなくおばあさんやケストナー氏にも心奪われ。こんな子どもになりたかったし、こんな大人になりたいな。それにつけてもこれが20代の頃の作品とは!

  • kana さん

    ずっと読みたかったけど、長女が中1になればブッククラブから配本になるしな…と待ちに待ってやっと手元に届きました。ドキドキとワクワクとホロリとがテンポ良く押し寄せてくる感じ。さすがケストナー。最後の探偵たちが追い詰める場面は痛快でした。エーミールのお母さんを思いやる心が素敵。しかしベルリンの少年たちも……なかなか個性的で情に厚い!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品