ビスマルク伝第6巻

エーリヒ・アイク

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784831508317
ISBN 10 : 4831508314
フォーマット
出版社
発行年月
1998年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,272p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    この巻ではいよいよ帝国についての陰りが徐々に見えてくる感じで書かれています。前巻では帝国の一番勢いのある時でしたから、それとともにビスマルク自身にも老いの陰りが見えてくるようです。

  • ニール・フィレル さん

    第6巻対外戦争を終え、国内政治を固めていく過程が中心。文化闘争、社会主義者鎮圧法と、名前だけ程度の知識できた部分が中心、内部に含まれている範囲だったため、全く新しい知識にあたる部分が多く、多少読むのがしんどかった。ヴィルヘルム二世がチラッとでてきて、ビスマルクの病気の話もちらほらとでてくる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品