エーベルハルト・トルムラー

人物・団体ページへ

犬の行動学 中公文庫

エーベルハルト・トルムラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122039322
ISBN 10 : 4122039320
フォーマット
出版社
発行年月
2001年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,300p

内容詳細

愛犬との生活で過ちをおかさないために―長年にわたる緻密な観察と真摯な情熱で、人類の最高のパートナーの知られざる本質を探り、自然の理にかなった、真に健やかな共存の形を提案する。犬を真面目に考え、正しく理解したい人必読の名著。

目次 : 第1章 子犬から成犬へ/ 第2章 狩猟者としての犬/ 第3章 攻撃者としての犬/ 第4章 友としての犬/ 第5章 純血種としての犬/ 第6章 動物としての犬

【著者紹介】
エーベルハルト・トルムラー : 1923年ウィーン生まれ。ノーベル賞受賞者コンラート・ローレンツのもとで学んだのち、ウィルヘルミネンベルグ生物学研究所の設立やバイエルン州立動物学博物館の運営に参加する。その後、家畜繁殖研究所で野生犬ディンゴや純血犬の繁殖実験を行うようになり、75年にはズルツフェルトに繁殖所を設立。晩年はビルケン=ホニゲッセンの自身の研究所で暮らす。91年没

渡辺格(生物学) : 1937年東京生まれ。東京大学教養学部フランス科を経て日本航空入社。パリ駐在二回、ブリュッセル駐在一回。94年退社。欧州滞在中に欧米流の犬のしつけ方に興味を抱き、帰国後その紹介に努力(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紫暗 さん

    少々古い本なので遺伝学的な部分の記述は今の方がはっきりとわかっているところがあるかも。それを差し引いても著者が実際に犬と生活する中で得た知識は必見です。当然のことながら犬は人ではないので人扱いすることは間違っており、それでいて人の友人となり得る存在として常に理解していく努力が必要だと再認識した次第です。動物愛護などを叫びたい人は、その動物の本質を学ぶことを忘れてはいけない。もっともなことに大きくうなずいてしまいました。

  • wukann(かの〜) さん

    「動物保護のためにはその性質を充分理解する必要があります。」純血種の犬(ディンゴ、ジャッカルなど)の飼育・観察を通して、犬に本能的に備わる性質・成長するに従い社会生活(親・兄弟犬や飼い主)から得る性質を調べ上げ、「犬を真面目に考える」を実践している。よく、犬は人間に序列をつける、と言われるが、それは@犬は飼い主の人間を自分と同族と認識し、A元々、犬社会は群れの中で序列がつく物である、という性質からきてるのかな。

  • 在賀耕平 さん

    犬買おうかと思っているので、お勉強

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品