グッズ

Daily work EP <オリジナルデザイン銭湯タオル(DLcode封入)>

エンヤコーラーズ

基本情報

カタログNo
:
ECR001
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
グッズ

商品説明

闇市 (ブラック・マーケット / ウェザー・リポート)をくぐり抜け、行き着いた近所の風呂屋。
眠り過ぎたお昼に聴く、アヴァン・チルアウトミュージック。
東京のどこからか湧いて出た、9人組バンド “エンヤコーラーズ/Enya’Callers‘ ”が
この季節にぴったりのアメニティ (銭湯タオル、ダウンロードコード封入) をリリース !!
※有料のアメニティ商品です。

2019年春、本格的に活動を開始。都内で俄かに噂を囁かれているバンド、エンヤコーラーズ。
某音楽サークルの呑み部長だったワタナベを中心に、ギター・ベース・キーボード・コーラス・ドラム・パーカッションから、ノイズ担当・スピリチュアルアドバイザー (他称) までを擁する、酔狂な、いける口、9人組。この度初音源です。

一曲目『ハローソング』は、恍惚としたドリーミーなアレンジに乗せて雨の日の1日を歌う。
傘を忘れたミステイクからハレに向かって進んでいくグッドソング。ハロー、ハレルヤ。

二曲目『眠り過ぎたお昼』は、BPM90.5のダンス・トラック。ラップともポエトリーともつかないキラーワードに溢れた詞が炸裂し、シンセサイザーのフレーズとコンガのグルーヴが演奏を引っ張る。そして突如訪れるノイズのインプロヴィゼーションにより、聴くひとを眠気と現実の狭間にある秘湯まで導く。

三曲目『激突なまず』はライブテイク。7分半に及ぶ怪演。9人から成る、少しづつ熱を帯びていくアンサンブルが観るひとを昇天へといざなう。彼ら彼女らのライブの空気感を味わえる一曲。

本作には、客演として増村和彦(ex.森は生きている)が2曲パーカッションで参加しています (ハローソング・眠りすぎたお昼) 。

エンヤコーラーズ/Enya’Callers’の音楽は、
みんなの中にある日常の風景に、AOR・エキゾ・イージーリスニング・フォーク・ノイズ・アンビエント・ロック・フュージョン、またはそれ以外の言葉にならない何かを溶け込ませ、つっかけのままお邪魔しているような、形容得難いバンド・フォーメーションです。

近所の風呂屋からその角のパライソへ。
エンヤコーラーズがタオル片手にお背中流します。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

インディーズ に関連する商品情報

おすすめの商品