かけた耳 タンタンの冒険旅行

エルジェ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834025279
ISBN 10 : 4834025276
フォーマット
出版社
発行年月
1998年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
31cm,62p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kiyoka さん

    今回は南米。博物館から盗まれたアルンバヤ部族に伝わる呪物をめぐって実在するのかわからないサンテオドロス共和国に行く。なぜか大佐になってしまったタンタン。ころころ変わる政権。不安定な南米の独立国をあらわしているのか。油田の権利を独り占めしようとする悪徳商社とか、世界中に武器を売りつけて戦争による利益を得ようとしている兵器会社のドン。案外戦争というものはこういう人たちのチェスゲームから始まっているのかも知れない。タンタン深い。これは大人になってから読むとまた違ったものが見えてくる。(子供のとき読んでないけど)

  • thayami さん

    秘宝を巡る冒険。カーチェイスや原住民との死闘など、見所は多々あるも、やはり随所に盛り込まれる”おとぼけ”が売り?!本著では、「アルカサル将軍の暗殺を”繰り返し失敗”するシーン」かな。吉本新喜劇を少なからず彷彿!蛇足だが、タンタンでは”お酒”も、やはり重要な位置づけだなぁ、と感じる。(笑)

  • ととろ さん

    比較的ストーリーがわかりやすくて、とっても面白かった!

  • かおりママ さん

    長女7歳。図書館本。独り読み。タンタンの冒険旅行16。

  • えろこ さん

    副題的に、つまらなそうだったので、ずっと後回しにしていたのですが、決してそんなことはなく、さすがはタンタン・クオリティ(笑)。前半と後半で、作風が異なっていることから、この頃が作画面での過渡期だったのかな、とぼんやり考えながら読んでいました。シリーズ中レアな「酔っ払いタンタン」が見られて良かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品