CD 輸入盤

エニグマ変奏曲、弦楽のためのセレナード、『威風堂々』第1番  シノーポリ&フィルハーモニア管

エルガー(1857-1934)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4801261
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

エルガー:
・エニグマ変奏曲 op.36
・弦楽のためのセレナード op.20
・序曲『南国にて(アラッシオ)』 op.50
・行進曲『威風堂々』第1番 op.39-1
 フィルハーモニア管弦楽団
 ジュゼッペ・シノーポリ(指揮)

 録音:1990年(デジタル)

収録曲   

  • 01. Elgar: Enigma Variations: Theme (Andante) 1:34
  • 02. C.A.E. (L'istesso tempo) 1:58
  • 03. H.D.S.-P. (Allegro) 0:52
  • 04. R.B.T. (Allegretto) 1:46
  • 05. W.M.B. (Allegro di molto) 0:31
  • 06. R.P.A. (Moderato) 2:28
  • 07. Ysobel (Andantino) 1:26
  • 08. Troyte (Presto) 1:00
  • 09. W.N. (Allegretto) 2:25
  • 10. Nimrod (Adagio) 3:58
  • 11. Intermezzo: Dorabella (Allegretto) 2:31
  • 12. G.R.S. (Allegro di molto) 0:58
  • 13. B.G.N. (Andante) 3:18
  • 14. Romanza *** (Moderato) 3:22
  • 15. Finale: E.D.U. (Allegro - Presto) 6:15
  • 16. Serenade for String Orchestra, Op.20: Allegro piacevole 3:56
  • 17. Larghetto 7:05
  • 18. Allegretto 3:05
  • 19. In the South, Op.50 23:13
  • 20. "Pomp and Circumstance," Op.39: No.1 6:33

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 のだめカンタービレ最終楽章前編で、のだ...

投稿日:2010/01/10 (日)

 のだめカンタービレ最終楽章前編で、のだめと千秋が、夜、シテ島ヴェールガラン公園のベンチに座り、「調和」について話すシーンがありました。そのとき流れていた曲が、エニグマ変奏曲第9変奏のニムロッドです。  エニグマ変奏曲はエルガーの代表作で、管弦楽のための変奏曲としても重要な作品だそうです。エニグマとは「謎かけ」「謎とき」という意味で、各変奏は友人たちの肖像となっています。  このCDには、「弦楽のためのセレナード」と序曲「南国にて」、そして「威風堂々」第1番もカップリングされていてお得です。どの曲も素晴らしく、何度も繰り返し聴いています。フィルハーモニア管弦楽団の演奏は心地よく全く飽きません。価格もお得なのでお薦めです。

k.y. さん | 千葉県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エルガー(1857-1934)

近代イギリスを代表する作曲家、サー・エドワード・ウィリアム・エルガーは、1857年6月2日、イギリス中西部ウスター近郊のブロードヒースで生まれました。経済的に恵まれなかったため正規の音楽教育を受けることができず、ほとんど独学で勉強したそうですが、ピアノ調律師で楽器商を営んでいた父親のウィリアムは、生業のかたわら聖ジョージ・ローマ・カトリック教会のオルガニストを務めていたそうですから、やはりその血の

プロフィール詳細へ

エルガー(1857-1934)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト