CD 輸入盤

【中古:盤質A】 エルガー:エニグマ変奏曲、ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第6番 C.デイヴィス&バイエルン放送交響楽団

エルガー(1857-1934)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
900705
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

デイヴィス/エニグマ変奏曲、ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第6番

コンドラシンの急逝もあり、クーベリックの後任はなかなか決まりませんでしたが、1983年、少し前にバイロイトで成功を収めてドイツでも人気上昇中のコリン・デイヴィス[1927- ]がバイエルンの首席指揮者として迎えられることとなりました。当時、デイヴィスはロイヤル・オペラの音楽監督のほか、ボストン交響楽団の首席客演指揮者も務めていましたが、バイエルン着任後は集中的に同楽団を指揮、演奏会にレコーディングに目覚しい成果をあげることとなります。そうした事情もあってか、1980年代の終わりになるとデイヴィスは再建なったドレスデンのゼンパーオーパー(ドレスデン国立歌劇場)のオーケストラであるシュターツカペレへの出演が増え、やがて名誉指揮者兼オペラ担当となり、10年目の1992年にはバイエルンの首席を辞するのですが、その後もマーラーの8番などで素晴らしい共演を聴かせていました。
 このアルバムには、有名な『エニグマ変奏曲』と、知名度は低いながらも充実した内容を持つヴォーン・ウィリアムズの交響曲第6番という2曲の英国レパートリーが収録されています。
 着任の年の『エニグマ変奏曲』は、時期的には1965年と2007年のロンドン響との録音の中間に位置するものですが、ドイツのオケだけに響き具合の相違なども興味深いところ。もちろん、演奏内容は文句なしです。
 ヴォーン・ウィリアムズの交響曲第6番は、戦中から戦後にかけて書かれ、同じく戦争交響曲として知られる第4番の世界の再現・発展形ともとれる過激で凶暴な迫力に満ちた音楽が強烈な傑作。テナー・サックスが醸し出す退廃的な雰囲気、連打されるバスドラの迫力が印象的なこの交響曲に、ライヴで燃えるデイヴィスが激しいアプローチで迫ります。

【収録情報】
・エルガー:『エニグマ変奏曲』
 録音時期:1983年12月14日
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

・ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第6番ホ短調
 録音時期:1987年4月30日,5月1日
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

 バイエルン放送交響楽団
 サー・コリン・デイヴィス(指揮)

収録曲   

  • 01. Elgar: "Enigma" Variations, Op. 36: Introduction [01:25]
  • 02. Variation 1: C. A. E. (The Composer's Wife) - [01:56]
  • 03. Variation 2: H. D. S. P. (Hew David Steuart - Powell) [[44]
  • 04. Variation 3: R. B. T. (Richard Baxter Townshend) - [01:28]
  • 05. Variation 4: W. M. B. (William Meath Baker) - [[30]
  • 06. Variation 5: R. P. A. (Richard Penrose Arnold) [02:20]
  • 07. Variation 6: Ysobel (Isabel Fitton) - [01:33]
  • 08. Variation 7: Troyte (Troyte Griffith) - [01:01]
  • 09. Variation 8: W. N. (Winifred Norbury) - [01:43]
  • 10. Variation 9: Nimrod (A. J. Jaeger) - [04:05]
  • 11. Variation 10: Intermezzo: Dorabella (Dora Penny) - [02:53]
  • 12. Variation 11: G. R. S. (George Robertson Sinclair) - [01:03]
  • 13. Variation 12: B. G. N. (Basil G. Nevinson) - [03:00]
  • 14. Variation 13: Romanza: *** (Lady Mary Lygon) - [02:51]
  • 15. Variation 14: Finale: E. D. U. (The Composer) [04:55]
  • 16. Vaughan Williams: Symphony No. 6: I. Allegro [07:11]
  • 17. II. Moderato [11:15]
  • 18. III. Scherzo: Allegro vivace [06:07]
  • 19. IV. Epilogue: Moderato [11:47]

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エルガー(1857-1934)

近代イギリスを代表する作曲家、サー・エドワード・ウィリアム・エルガーは、1857年6月2日、イギリス中西部ウスター近郊のブロードヒースで生まれました。経済的に恵まれなかったため正規の音楽教育を受けることができず、ほとんど独学で勉強したそうですが、ピアノ調律師で楽器商を営んでいた父親のウィリアムは、生業のかたわら聖ジョージ・ローマ・カトリック教会のオルガニストを務めていたそうですから、やはりその血の

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品